マルティーニ・バードキャッチャー 定番を選びたいならコレ!

冒険がキライなマローネです。なんだかんだいって、いつでも安全圏を選ぶ。(じゃあどうしてイタリアにいるの?というツッコミはご容赦ください)

服もそう。選んじゃうのはいつもグレーやベージュ、黒。男性の服のセンスもトレンチコートとかダッフルコート、Pコートなんかを着こなしているメンズが好きだったりします。要するにトラッド。自分が男だったら、リスクを取らない相当つまらない男だっただろうなと思うこともあります。

そんなわけでこのコラムでも私がオススメするものといえば、ド定番みたいなアイテムが中心です。でもファッションに関してはド定番って結局最強なんだと思います。

定番アイテムはいろいろなアイテムに合わせやすいので、いろいろな着こなし、コーディネイトができるんです。

小物類もまた然り。今日もそんな感じで私が男だったら間違いなく選ぶであろう、ココマイスターのマットーネ、バードキャッチャーの紹介をさせていただきたいと思います。

マルティーニ・バードキャッチャーは究極のシンプルさを追求したトートバッグ

バードキャッチャー・ブランデー

横長の定番トートバッグ、それがココマイスターのバードキャッチャーです。こうして椅子の上に置いていあるだけでもサマになるバッグです。

インテリアとして中々の存在感がある。一見、そっけなく感じるほどのシンプルな作りですが、それだけにごまかしは聞きません。

こういう定番のデザインほど、ディティールの仕上がりの良し悪しによって、すごく安っぽく見えてしまったりするものです。

『これって、どこかのブランドのコピーかな?』なんて思われてしまったりします。財布でもそうですが、シンプルなデザインであるほど素材がいいものを選ばないといけません。

このバードキャッチャーは一歩間違えればカジュアルになりがちなトートバッグを大人っぽく、存在感のあるスタイルに仕上げています。

均一に並んだステッチは職人の心意気を感じますね。

時間をかけて鞣されたイタリア製タンニンレザーを日本の熟練した職人さんの技で仕上げれば、こんな上質な大人スタイルができあがるのです。

シンプルな横長のスタイルは『トートバッグは使いやすそうだけど、縦長は持つときにおさまりが悪い』という方にもオススメです。

見た目はコンパクト。でも機能性は抜群!

バードキャッチャー中身

この画像を見るとよく分かりますが、コンパクトに見えて大きめの書類用の封筒やパソコン、手帳、長財布などがすんなりと収まる大容量。外出が多い方にも最適です。

チャック付きのポケット1つとフリーポケットが2か所用意されているので、スマホや定期入れ、キーケースなどを整然と収納することができます。

バードキャッチャー・フリーポケツト

余裕のある大きさのポケットなので、大きめのスマホを使っている人も安心です。イヤホンなんかもきちんと収納できてますね。

バードキャッチャー・チャック付きポケット

こんな風に大きめのファスナー付ポケットもついているので、バッグの中で行方不明になりがちな小物はこちらにしまっておくとかさばりません。

ちらっとマットーネのキーケースが見えているところが憎いですね。本革のアイテム同士がリンクしあって、キーケースを1つだけ持っているよりもココマイスターのバッグに入れることで、さらにお互いの存在が引き立つ感じです。

シボ加工がされているので、安心して扱える

バードキャッチャーアップ

このバードキャッチャーのマルティーニは時間をかけて植物性タンニンで鞣した後、表面にシボ加工を施しているため、傷や汚れが目立ちにくくなっています。

それでいて使い込むほどに美しい経年変化も楽しめるいいとこどりの素材です。これがヌメ革やスムーススキンだと傷やシミが目立ってしまうので扱いにも気を使う必要が出てきてしまいますから。

経年変化が顕著に表れるのは上の画像のカラー、ブランデーですが、ブラックやネイビー、ダークチョコを選べば汚れやシミなどを気にすることなく、いい感じにくたっとしてくるエイジングのみを楽しむことができます。

職人の技が光るトートバッグ、マルティーニ・バードキャッチャー

取っ手縫製イメージ

 長財布と同様、ココマイスターのビジネスバッグも再販売後すぐに売り切れてしまうアイテムが多いようです。

細部への拘り。職人さんの技が光ります。正確に走る縫製の目も滑らかに加工された革の断面も、そのひとつひとつが職人さんの手によるもの。見た目も美しく、長年の使用に耐える堅牢なバッグができあがります。

1つのバッグが完成するのに、どのくらいの時間がかかるんだろう…そんな思いが浮かぶバッグです。

リサーチプラスが行った『使っているビジネスバックの素材は?』というアンケートの回答ではナイロンが55%、合皮が32.4%、ついで本革は14.6%にとどまっています。

縫製イメージ

まだまだ熟練した職人さんの技術が必要になるような本革のビジネスバッグを持っている人は少数派ということでしょうか。

だからこそ、周りの人と差をつけることもできると思います。

また同じ調査で『ビジネスバッグを購入する頻度はどのくらいでしょうか?』という質問もありましたが、こちらは34.1%が壊れるたびに購入していると答えています。

ココマイスターの本革バッグなら買い替えるのは10年に1度くらい、いやそれ以上で済むかもしれません。

このバードキャッチャーのような定番中の定番なら飽きる事もないので、長い年月をあなたのそばに寄り添うビジネスバッグになってくれるでしょう。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>