そろそろ財布にも拘りたい 20代 後半の方におすすめの長財布ランキング!!

財布に拘りたい20代後半の方におすすめの長財布

ココマイスター マットーネ・ラージウォレット

ココマイスター マットーネ・ラージウォレット

1位はベーシックなスタイルの長財布、ココマイスターのマットーネ・ラージウォレットです。 20代後半になったら、そろそろ手にしてみてほしいのが天然皮革の長財布。

このマットーネ・ラージウォレットは上質な素材を使用した長財布でありながら、2万円台という良心的な価格になっています。

長財布というとエレンガントなイメージがありますが、小銭入れがない純札タイプは実用性に欠ける部分もあるため、20代の皆さんにはちょっと使いづらいかもしれません。

このラージウォレットはジップタイプの小銭入れ、カードスペース8か所、フリーポケットが2か所ついていて収納性も抜群。

小銭入れ、カードスペース8か所、フリーポケットが2か所

さらにラウンドジップタイプなので、大切なものをさっと入れて閉じるだけで安心感もあります。

ラウンドジップタイプはかぶせ蓋よりも、カジュアルな印象があるので、長財布でありながら、かっちりしすぎないのも魅力でしょう。

マットーネ・ラージウォレットの経年変化経年変化を楽しみたいなら、カラーはブランデーがオススメ。カジュアルスタイルにも合わせやすいカラーです。

スーツスタイルをベースに選ぶなら、オールドブラックやビターチョコを。マットーネの独自の素材感で堅苦しくなりすぎず、普段着に合わせても違和感がないのはさすがです。

マットーネのブラックは使い続けているうちに独自のツヤが出てくるのでブラックも捨てがたいですね。持っているスーツや靴の色に合わせて選ぶといいかもしれません。

YUHAKU 束入れ YVE110

ユハク 束入れ YVE110

独自の手法で染色されたカラーが魅力のYUHAKUからランクインです。YUHAKUといえば、パープルやブルーといった財布には珍しいカラーを揃っているのが魅力のブランド。

特にこのフォスキーアシリーズはその名の通り、霞がかったニュアンスのあるカラーが最大の魅力となっています。

YUHAKUの手にかかるとグレーやブラウンといったカラーでもありきたりとは程遠いイメージに仕上がるんです!

とはいえ、目立つ色合いの素材なので、仕事によっては30代、40代になるとYUHAKUはちょっと難しいかな?と思う人もいると思います。

でも、20代後半の男性ならOK!むしろ、オシャレな人という印象を確立させることができるはずです。

外装のカラーと内装のポニー革のカラーのコンビネーションも美しく、見るものをハッとさせる美しさ。YUHAKUはクリエイターの方にも特に人気があるようですね。

ブルーやパープルといったカラーにもエレガンスを感じさせるものがあります。 1枚1枚手で染色された皮革、ていねいな縫製…。

そして特筆すべきは滑らかなコバの処理でしょう。ツヤ感があって、大人の色香すら感じさせてくれます。

YVE110のコバの美しさ

内側にテンションがかかるように、使い手のことを考えて作られた計算しつくされた設計も革製品マニアを唸らせる仕上がり。

このつくりと素材の上質さこの値段であれば、かなりお値打ちだと思います。

ココマイスター ブライドル・グランドウォレット

ココマイスター ブライドル・グランドウォレット

3位はこのサイトでも何度か取り上げている、ブライドル・グランドウォレットです。 20代後半になると、『仕事柄、高級感のあるものを選びたい。』なんてこともあると思います。

営業など、常に人と接する仕事をされている方やフリーで仕事をされている方など…。

嫌な言い方ですが、持ち物で人となりが判断されることって、実際にありますからね。20代後半の男性ともなると、それが顕著になってくるというものです。

前置きが長くなりましたが、高級感のあるものを手にしたい『お!この人、違うな!』と思って欲しい、そんな20代後半の男性にイチオシなのが、このグランドウォレット。

古くからイギリスに伝わる上質の皮革、ブライドルレザーを使用。内装にはヌメ革を使用することでカラーコンビネーションを楽しみつつ、30,000円ジャストという手の届く価格におさまっています。

内装と外装が同じ革だと、統一感は出ますが、高級皮革の場合、ちょっと落ち着きすぎる雰囲気になるんですよね。

その点、このブライドル・グランドウォレットは内装と外装のカラーコントラストが若々しさを演出してくれていて、本当によくできているな…、と感心させられます。

ブライドルレザーは厚みのある強靭な皮革なので、裁断にも縫製にも苦労するのだとか。 塗料をはみ出さないように、ひとつひとつ丁寧に手で縫って、やすりで磨き上げられたコバ仕上げにも注目です。

また使用しているうちに、ブルーム(白っぽいロウ)がとれて、ツヤが出ていく様子も楽しむことができるのもポイント。

ツヤが出ていく様子。ブライドル・グランドウォレット

経年変化の仕方も使う人によって様々。数年後には、あなただけがもつ唯一無二の表情を見せてくれるでしょう。 使い勝手の良さは1位のマットーネ・ラージウォレットと同様です。

小銭入れやカードケース、フリーポケットが装備され、ラウンドジップで安心感のあるつくりになっています。

3万円という価格ですが、一生使うことも不可能ではないので、質を考えると高い買い物ではありません。 むしろ、顔料でベターっと仕上げた革やナイロンのブランド物財布より安いしずっとセンスがいい!

高級感があり、かつ自分らしさも出せる財布をお探しの方にぴったりです。

社会人になって数年が経過した20代後半。 この時期の男性は『まだまだ学生気分だな~。』という感じの人と、『なんか変わった?大人の男っぽい!』という人の2パターンに分かれると思います。

このサイトをご覧になっている方に目指して欲しいのはもちろん、後者。

大人の雰囲気を財布で演出。靴や時計といった値の張るものは、もう少し時間をかけて手に入れていくとして、そろそろ財布のような小物にもこだわりを持って、あなたらしさを演出できるアイテムを選んでいきましょう!

少し背伸びして、上質の皮革に手を出してみてもいい頃です。 それが間違になく、モテにもつながります。

チャラい?財布はそろそろ卒業たいところかもしれませんね。

という事で、そろそろ財布にもこだわりたい!20代後半向け財布ランキングベスト3を紹介でした。

20代後半の方にとっての財布とはどういう価値がある?

20代後半になると、モノ選びの基準が、ビジネスシーンで手にしてもおかしくないことになってくる人が多いと思います。

安っぽい財布やボロボロの財布は運気も下がりますし、働く男性として足元を見られてしまいます。 心当たりのある方はすぐに財布を交換すると良いかもしれません。

この頃になると、学生や社会人になりたての世代とも一線を画したい…とも思うようになります。 また、そろそろ長財布に手を出してみるのもいいでしょう。

20代後半の皆さんは、このランキングを参考に、是非、ライフスタイルに合わせながら、上質の皮革・手の届く価格・大人の男を感じさせるスタイルというものを意識してみると良いかもしれません。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>