小物への配慮で差がつく? 30代後半の方におすすめの長財布ランキング

小物への配慮を感じさせたい30代後半の方へ―。

ココマイスター コードヴァン 薄型長財布

ココマイスター コードヴァン 薄型長財布

数々の皮革素材を扱ってきたココマイスターの職人さんが、『こんなに上質の素材を扱うのは久しぶり。』と唸ったという、ココマイスターのコードバン。

馬の臀部の分厚い革を削り取ったあとに現れる、美しく丈夫な皮革。高価な素材ですが、この薄型長財布は内装にヌメ革を使用することで、価格を3万円台に抑えています。

小銭入れもついているので、使い勝手も抜群です。

コードバンの雰囲気ココマイスターではコードヴァンにブライドルレザーのようなブルームを持たせることで、経年変化によるツヤを楽しむことができるように仕上げています。

使い続けることでどんどんツヤが増していくのエイジングを楽しむことができます。これが楽しみなんです。

カラーは大人にぴったりのブラック、黒鹿毛(くろかげ)と気品あふれるボルドーブラウンの鹿毛(かげ)の2種類。内装のヌメ革も経年変化が楽しめる素材。日ごとに愛着が増していく財布と言えるでしょう。

FARO 長財布 SANTELLO FIN-CALF ラウンドファスナー

FARO 長財布 SANTELLO FIN-CALF ラウンドファスナー

新聞紙よりも薄く漉いた革を2枚張りあわせることで、両面が表となる技法・ベタ張りを採用した長財布。

便利なラウンドファスナータイプの長財布ですが、厚ぼったくなりがちなのが難点。

カジュアルっぽい印象もあり、若い世代向けと思われがちなデザインですが、その便利さから、『やっぱり捨てがたい!』と思っている方も多いのではないでしょうか。

年齢にふさわしいラウンドファスナータイプの財布が欲しいという方は、いつもより上質なこんな素材を選んでみては。素材を選べば、ラウンドファスナータイプでもこんなにスリムに仕上がるということに驚くかもしれません。

これなら、カジュアルになりすぎることもなく、30代後半の皆さんにも抵抗なく持ってもらえるのではないでしょうか。

繊細な色合いはベタッと顔料を塗る方法ではなく、水性の染料を使ってていねいに染め上げていく手法で染められています。

また、表面のシボ加工は手もみと呼ばれる、手で揉んでシワをつけていく方法で加工されているというハンドメイド感満載の長財布です。

30代後半の皆さんにオススメするカラーはブラックかネイビー。素材に軽やかさがあることで、こうしたダークカラーを選んでも重たく地味な印象になることがありません。

ネイビーは特に都会らしい上品さで女性ウケもよさそう。お会計時にこんな財布をさっと取りだしたら、あなたの株が急上昇するに違いありません!

YUHAKU コードヴァン 束入れ

YUHAKUコードヴァン 束入れ

3位は馬の臀部からごく少量採れる希少価値の高い皮革、コードヴァンを使用したYUHAKUの純札タイプの長財布。

30代後半になると、『そろそろ純札を手にしてもいいかな…。』と思う方もいるでしょう。とはいえ、定番素材やカラーの純札を選ぶと、ちょっと地味すぎる or オヤジっぽくなりはしないか?という心配を抱いている方もいると思います。

そんな方にオススメしたいのが、個性的なカラーが揃うYUHAKU。

ヨーロッパの展示会でも人だかりができるというその独自の染色技術で知られる通好みのブランドです。

ブラックやダークブラウンといったダークカラーを選んでも、なぜか立体感を感じさせてくれる神秘的なイメージに仕上がっています。

YUHAKUのコードバン

コードヴァンは皮のダイヤモンドとも呼ばれる素材。その圧倒的な存在感と美しさは他の皮革とは一線を画した魅力を放っています。

純札タイプは小銭入れがついていないので、小銭入れを別に持ち歩いているという方にもぴったり。こんな財布なら大切なビジネスランチや接待、フォーマルの席で取り出しても気後れすることがありません。

ビジネスマンの方ならブラックやブラウンを、クリエイターやモノを作る仕事をされている方はYUHAKUらしいブルーやワインを選んでみてはいかがでしょうか。

仕事ができる上司、家庭を大切にする男性、はたまたシングルを貫きつつ、一線で活躍する男性。女性(や若い男性)が憧れる、30代後半の理想の男性像というと、こんなところでしょうか。

当然、おしゃれや持ち物にも、それなりにこだわりを持っていて欲しいもの。そして、30代後半になっても、男性にもモテを意識して欲しいですね。(浮ついた意味ではありませんよ!)

30代後半の方におすすめの長財布まとめ

そんなわけで、30代後半ともなるといろいろな意味で周りのお手本にならなくてはなりません。

たかが財布、されど財布。安っぽい財布、ボロボロの財布は言語道断です。

ちなみに『俺、もうオジサンだし、俺の財布なんて誰もチェックしてないよー。』というのは間違いだと思います。

仮に、仮にですよ?(強調します)あなたが冴えない感じのオジサンだと思っていたとしても、オシャレな小物を携えているだけで、

『え?あの人って意外にオシャレ!かっこいいかも!』

という評判が立つものなんです、女性の間では。本当です。

そもそも30代後半はまだオジサンという年でもない!ということもお忘れなく。周りのイタリア人男性を見ていると、本当にそう思います。日本人男性の皆さんだって、同じです。

なんだかちょっと熱くなってしまいましたが、ここまで、「小物への配慮で差をつける、30代後半にオススメランキング」を発表してきました。

今回のランキングは3つとも違ったイメージの財布が出そろいました。重ね蓋タイプ、ラウンドファスナー、そして純札と、同じ長財布でも機能性が異なっています。

これは、30代後半ともなると、いろいろな意味で自分のスタイルが確立してくるだろうと思ってのことです。

ライフスタイルも人ぞれぞれ、ブランド物や右へ倣えの画一的なものではなく、本当に好きなモノ、自分の生き方にあったものを選んでほしい…、そんな気持ちを込めて選んでみました。

30代後半は小物に配慮することで周りと差をつけることができます。あなたらしく、カッコイイ財布を選んで男の株をドンドンあげちゃいましょう!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>