キプリスコレクションで見つかる「本当の」一生ものの財布

最近、「一生モノ」の財布について語る機会が多くなっている気がしますが、今日もまた、一生モノを語る上で欠かせないブランド、キプリスコレクションについてお話したいと思います。

キプリスコレクションは「全国百貨店メンズバイヤーズ賞10年連続受賞」という、言ってみれば見る目が肥えた人に支持されている、本物志向のブランド。

全国百貨店メンズバイヤーズ賞10年連続受賞価格も高めのものが多いのですが、いくつになっても持てるデザイン、素材の質・汎用性の高さ、そして職人集団が手掛ける繊細な縫製技術を考えると、妥当な価格と言えるのかもしれません。

今日はそんなブランド、キプリスコレクションの中でも一生モノとしてお勧めしたい財布について語りたいと思います!

キプリスコレクションの顔ともいえるエキゾチックレザー

シラサギレザー

キプリスコレクションはクロコダイルやトカゲなどのエキゾチックレザーを得意とするブランドでもあります。画像は艶クロコダイル×シラサギレザーのチョコ×ブラックです。

シラサギレザー年々、価格が高騰していると言われる、このナイルクロコ。

こんなに鱗状の模様がキレイに揃っているものは珍しいと言えるでしょう。

クロコは一歩間違えるとギラギラした感じがして品がなくなってしまうのですが、こんな落ち着いたブラウンならイヤミもなく、洗練された印象を与えることができます。

そして財布の特徴は内装に使用している皮革へのこだわりです。

シラサギレザーという名前の通り、国内でも有数のタンナーがひしめく、兵庫県姫路市にあるタンナーが最高品質のダッチキップを原皮(毛がついた状態の皮)から、時間をかけてなめしているのです。

ダッチキップ

長期間使用することを考えて、なめしの方法にはシワが出にくいコンビ鞣しをチョイス。さらに表面を磨くグレージング加工をかけることで、ツヤ感をアップさせながら、汚れが付きにくい仕上がりになっています。

キレイめ系の一生モノ財布をお探しの方には、こちらの艶クロコ×シラサギレザーがイチオシです!

ホーウィンコードバン&ナチュラルコードバン

ホーウィンコードヴァン

こちらはホーウィンコードバンと染色していない、ナチュラルカラーのコードバンを使用した長財布です。

外装には北米で唯一、コードバンのなめしを手がけているホーウィン社のシェルコードバンを使用。ホーウィンと言えば、ブーツが有名ですが、あのブーツと同じタイプのコードバンが使用されているんです。

ナチュラルコードバン

そして、内装にも注目です!こちらはコードバンのナチュラルカラー。染色されていなくても、こんなに味わいがあるカラーなんですね!うっとり…。

キプリスコレクションの製造過程

こちらはちょっとカジュアルダウンした感のあるラウンドジップタイプ。

一生モノの財布としてはどうなのか?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、革製品にこだわりのある方なら納得していただけると思います。

それに、男性といえど、みんながみんなサラリーマンやってるわけじゃないですからね…。当たり前のことですが。

バイクに乗る方やカメラマン、デザイナーといった職業の方、ショップ経営者などフリーのお仕事をされているような、スーツが仕事着ではない方が一生モノの財布として、こんな財布を取りだしたら…。

無条件で『カッコイイ!』と思ってしまいそうです。

一生モノの財布選び。クロコやリザードも素敵ですが、高いお金を出すわけですから、

『長く使うことを考えたら、無難なキレイ目?』などと臆することなく、本当に欲しいものを手に入れて頂きたいと思います!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>