5万円台でおすすめの当サイト厳選メンズ革財布ランキング

予算が5万円ともなると、皮革や職人の質・レベル共に申し分の無い財布が選べますし、デザインも若干シンプル~面白味のあるモノが多くなっている印象があります。

革財布に5万円はもう立派なレザー好きでしょう。色々と魅力的な財布が目白押しですが、私が特におすすめの商品をランキングしてみました。

5万円台でおすすめする長財布・二つ折り財布・三つ折り財布ランキング

WILD SWANS – ワイルドスワンズ WAVE – ウェーブ

WILD SWANS WAVE

外装 / 内装 皮革 / 生産国
サドルプルアップ / サドルプルアップ 欧州 / 日本
サイズ(mm) 重さ
横190×縦95×厚さ25
仕様
カードポケット×12 / フリーポケット×2 / 札入れ×2 / ファスナー小銭入れ×1

最初、ワイルドスワンズは『ゴッツイから嵩張りそう…。』というイメージでしたが、全然そんな事はありませんでした。

厚みこそあるけど、他の長財布と比較してもそこまで嵩張るという事はない。

こうして見ると、厚みこそありますが、サイズ的には他の長財布とほとんど変わりませんし、長財布自体、鞄に入れて持ち歩くものですから、この厚みがデメリットになる事はありません。

コバ処理は超一流のしごと。

コバの処理は超一流の仕事なので、ガシガシ使っても全然問題ないです。この厚みのある丈夫なコバは、複数枚の革を縫い合わせて、その側面を鉋(カンナ)やヤスリで丸みのある断面にしてあります。

そして、そこに染料を染み込ませて、このような艶(ツヤ)が出るまで何度も丁寧に磨き上げる、独自の処理がしてあるのです。

傷が付いたコバを修復する道具、スリッガー細かい傷などが付いてきたら、購入時に付属で付いてくる、木製の「スリッカー」で擦れば、ある程度修復が可能です。

こうしたセルフメンテが出来るアイテムがあると、なお一層皮革(財布)への愛着が積み重なりますから、このようなWILD SWANSの商品パッケージのセンスは素晴らしいです。

価格はやはり安くはないですが、このように良質な革と仕事が施してある革財布は、本当に長持ちするので長期的に見れば絶対に安い買い物になると思います。

ココマイスター ジョージブライドル ロイヤルウォレット

ココマイスター ジョージブライドル ロイヤルウォレット

外装 / 内装 皮革 / 生産国
ブライドルレザー / ブライドルレザー・ヌメ革 欧州 / 日本
サイズ(mm) 重さ
横195×縦100(開口部115)×厚さ20 170g
仕様
カードポケット×8 / フリーポケット×2 / 札入れ×2 / ファスナー小銭入れ×1

リーズナブルな価格で知られるココマイスターの財布ラインアップの中で一番値段が高い財布がこちらです。

小銭入れの片側にマチがあってゆとりがある。ココマイスターは通常、内装の皮革にはヌメ革を使用しているのですが、ジョージブライドル ロイヤルウォレットについては、内装にまでブライドルレザーを使用しています。(ヌメ革も使用しています。)

厚さが20mmというのは、ラウンドファスナータイプでいくとかなり薄手のものですが、小銭入れの片側にマチを設ける事で、収納にゆとりを持たせているのもポイントです。

流行に流されない存在感がある。

とにかくブライドルレザーの堅牢さが硬派な感じだし、流行に一切流されない雰囲気が凄いですね。

フォーマルシーンでの存在感の凄さはもとより、スーツスタイルでも格上げ感が凄いと思います。見た瞬間に『あ、この人絶対に財布に拘っている人だな。』って分かって貰えると思います。

FARO(ファーロ)SANTELLO FIN-CALF ラウンドファスナー 長財布

FARO(ファーロ)SANTELLO FIN-CALF ラウンドファスナー 長財布

外装 / 内装 皮革 / 生産国
牛革 / 牛革 ? / 日本
サイズ(mm) 重さ
横195×縦100(開口部130)×厚さ20 170g
仕様
カードポケット×12 / フリーポケット×2 / 札入れ×2 / ファスナー小銭入れ×1

五万円台ギリギリですが、こちらのラウンドファスナーはチェックしておいた方が良いでしょう。THE・スタイリッシュ。最強のフォーマルラウンドファスナーだと思います。

ベタ張りという、とても高度な技術が用いられています。FALOの最大の魅力である繊細な皮革のトリミングは、ベタ張りという、とても薄くすいた革同士を張り合わせる、とても高度な技術が用いられています。

厚み1mm程の革で作られるこの財布には、目に付くような場所に革の裏側がないので、そのビジュアルはとても美しいです。それでいて、しなやかさと堅牢さも兼ね備えているのです。

革は水染めで、染料を時間をかけて染み込ませた透明感のある色になっています。そこから、手揉みという技術で揉みじわを加え、最高に味わい深い独特な雰囲気に仕上がっています。

この手揉みができる職人は、全国に十数人しかいないそうです。価格は正直高いですが、ここまで革財布に拘れる余裕があるのは、本当に幸せな事だと思います。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>