スマートな男性のための長財布・アニアリ

久々にアニアリのサイトをチェックしてみたところ、人気モデルのジップビルホルダー、カバービルホルダーに新しい素材が登場していました!

アニアリの財布はお手頃感のある価格でありながら、オリジナルのレザーを使用するなど、他のブランドにはない魅力があるブランドです。

見た目もとにかくスマートで近代的。アンティークな加工を施してあるレザーを使用していても、どこか都会的なイメージがあるのはアニアリならでは。

メンズクラブやレオンといった男性ファッション誌でも何度も取り上げられているのも納得です。

今日はそんなアニアリのビルホルダーシリーズ新作を紹介したいと思います!

ムラのあるトーンはどうやって作られる?

アイデアルレザーアンティーク加工

久しぶりにサイトを見て、おおっ!と唸ってしまったのが、こちらのカラー。ムラ感がいい味を出していると思いませんか?

このサイトで紹介している長財布を扱うブランドの中でも皮革素材に対する強いこだわりがあるのがアニアリ。

タンナーが仕上げるできあがった皮革素材を確認して商品化するのが一般的であるのに対し、アニアリでは皮革製法の段階から企画に携わっています。

例えば、このキップレザーは植物タンニンでなめした後にワックスを表面に染み込ませた後、再度ワックスを浸透させて耐久性をアップさせているのだそう。

カバービルダー・オーク

独特のムラのあるコゲたようなトーンは仕上げに皮革素材用の工業用アイロンをかけることで生まれるアニアリオンリーのもの。

その時によってムラの具合は異なるので、ひとつひとつがオンリーワンというわけです。

イタリアのアンティーク家具やさんなどで見かける古ーい革製のソファーなんかにありそうなトーンを再現してしまうのですから、アニアリはやっぱりすごいと思います。

使い勝手を考えた長財布ナンバーワン

ジップビルホルダー見本

同じ素材を使った長財布でも、こちらのジップタイプになるとガラリと印象が変わります。仕事のできる若いビジネスマンにぴったり!な感じがしますよね。

『大人の男性らしい、上質の長財布が欲しい…。』と思っても、はっきり言って、純札なんかは使いにくいわけです。

そして持ち歩きや使用に気を遣うような、高級素材もちょっとなぁ…と思う方も多いと思うんです。

その点をよーく理解して抑えているのがアニアリのすごさ。

実際、このラウンドジップ型の長財布は使い勝手のよさから、どこのブランドでも似たようなものを作っているので、便利さだけではなく、ひねりも必要になってくるわけです。

ジップアップビルダー内装

この財布は画像からも分かるように、マチがじゃばら式になっていて、財布を開いたときにぱっと中身が見渡せます。

そして最大の特徴が取り外しのできるカードケース。

普段使わないカードはここに入れて家に保管しておいてもいいですし、これだけを持ち歩くことも可能です。

そして、アイデアルレザーは丈夫にできていて、ガンガン使ってOK。

上質な素材でありながら、肩肘はらずに使える財布であるところも魅力のひとつでしょう。

アニアリ・スレート

また同じタイプでもカラーが違うことで印象がガラリと変わるのもアニアリらしいところ。

オークやキャメル、ダークブラウンなどがアンティークかん漂うナチュラルな印象を与えるのに対し、このスレート(濃い青味かかったグレーをこう呼びます)は近代的な印象を与えてくれます。

ニューモデルを心待ちできるブランド・アニアリ

冒険心を感じさせるブランド、アニアリは常に新しいモデルや皮革素材を発信しています。

定期的にサイトはチェックしているのですが、見るたびに新しい発見があるブランドのひとつ。ファンが多いのもうなずけます。

このビルホルダーシリーズも、いろいろな素材で作られているので、あなただけのお気に入りを見つけてみるのも楽しいのではないでしょうか。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>