これだけは揃えたい!革製品のお手入れグッズ・その1

先日、しばらく使っていない革のバッグを久しぶりに取り出してみたところ、表面にうっすらカビが生えているのに気がつきました。

いつくかの財布を使い分けているという方は財布を入れ替えるときに、休ませるほうの財布に汚れなどがないかどうか注意することも大切です。

汚れがついたまましまうと、そこからカビが生えたりしますからね。この時期は特に注意したいものです。

今回は革製品のお手入れに最低限必要なアイテムについて、まとめてみたいと思います!

なにはなくとも、防水スプレー

手始めはやっぱりコレでしょう。革製品は汚れてから対処するのではなく、汚れを未然に防ぐのが肝心です。

ヌメ革など水に極端に弱い素材や、濡れるとそのままシミになってしまう革もあるので、使い始めは必ず防水スプレーを使用するようにしてください。

素材によって使い分けたい、防水スプレー

スエードやヌバックといった起毛皮革、ブライドルレザーやコードバンのような高級皮革にはコロニル1909シュプリームプロテクトスプレーがオススメです。こちらは防水とともに、天然のシダーウッドオイルが革に栄養を与えてくれるタイプです。

防水スプレー

まず、革製品のほこりなどの汚れを柔らかい布でさっと拭いて落としておきます。その後、ボトルをよく振ってから20~30センチ離してスプレーします。

ブライドルレザーやコードバンなどはスプレーが乾いた後、さらに布でさっとふき取ります。

スエードやヌバックなどの起毛皮革はスプレー後、クレープブラシと呼ばれるゴム状のブラシで革の表面を整えておくとよいでしょう。このクレープブラシについては別の機会に、詳しく紹介します!

防水スプレー2

ちなみに、ココマイスターのサイトでは同じ、コロニルの防水スプレー、ウォーターストップスプレーがあります。

こちらは防水効果のみで、革を柔らかくするといった栄養を与える効果はありません。

こちらはヌメ革に適したスプレーで、その他いろいろな皮革アイテムに使用できます。

栄養クリームを別に用意する場合などは、このウォーターストップスプレーを一つ用意しておけばいいと思います。

それぞれの皮革にあった防水スプレーもある

エキゾチック

『それぞれの皮革に合った防水スプレーということは他にももっといろいろな防水スプレーがあるのでは?』と思った方、いませんか?

 あるんです。たとえば、クロコダイルやヘビ革などに最適なコロニル・エキゾチックスプレー。

コロニル社の防水スプレーにはいろいろなタイプがあって、このほかにもエナメル用、ハラコ用、キャンバス生地用のスプレーなどがあります。

クロコダイルなどは非常に高価な素材なので、少しでも長く愛用したいですよね。このような、より素材に適したスプレーを選ぶことで、素材を傷めることなく、長期間にわたって皮革を保護してくれます。

 大切な財布やバッグをいつまでも美しく保ちたいという方は、防水スプレーのタイプにもこだわってみてはいかがでしょうか。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>