ココマイスターの象徴!ヌメ革の特徴・良し悪しと手入れ方法

革製品の中でもホンモノの皮らしい雰囲気を漂わせている素材、それがヌメ革です。

ヌメ革とは牛革を植物タンニンでなめしたもので、シボや型押しといった表面加工や染色がされていないため、皮革自体が持つ、ナチュラルな素の状態が生かされた素材とも言えます。

繊細な染色や型押しが施された革も魅力がありますが、時折、むしょうにヌメ革が恋しくなったりします。

革製品マニアとしての原点回帰といったところでしょうか。

このサイトで紹介しているブランドの中でも特にヌメ革にこだわりを持っているのがココマイスターです。

ココマイスターでは、ヨーロッパ製の皮革を外装に、国産のヌメ革を内装に使用している財布がたくさんあります。

今日はヌメ革の特徴、いい点と悪い点、メンテナンス方法などについてお話しましょう。

ヌメ革の長所

革そのものの表情が楽しめる

ヌメ革は表面加工をしていないだけに革自体が持つキズやシワ、血管の跡などがそのまま残っていて、素材ひとつひとつがそれぞれの表情を持っています。

丈夫で長持ちする

ヌメ革の繊維は密度が高く、しまっているため、とても丈夫です。そのため、使い始めは硬さを感じますが、徐々に繊維がほぐれてくったりとしてきて、表面にツヤが出てきます。

経年変化(エイジング)が楽しめる

植物タンニンでなめされた革は経年変化がしやすいため、革そのものの表情の変化を楽しむこともできます。

ヌメ革は紫外線に当たると色が変化しやすいので、財布の場合、内装に使用されることが多くなっていますが、あえて外装に使ったものもたまに見かけます。

ヌメ革内装財布

その他にも、渋柿や茶渋といった植物性タンニンによるなめし加工は化学成分を使ってなめす方法よりも環境にも優しいというメリットもあります。

また内装がベーシックな色のヌメ革だと、外装の皮革がどんな色であってもしっくりしたカラーコンビネーションを楽しむことできるのも魅力のひとつではないでしょうか。

ヌメ革の短所

傷が目立ちやすい

ヌメ革は表面加工を施していないので、傷が目立ちやすいのがデメリットと言えます。

ただし、エイジングとともにその傷も魅力になってきたりします!むしろ、傷やシミなどがまったくない、のっぺりとしたヌメ革は不自然ではないでしょうか。

水に弱い

またヌメ革は表面加工がされていないため、水に弱く、濡れるとシミになったり、その部分が膨らんでしまうこともあります。

ヌメ革のメンテナンスについて

油性クリーム使用する前にクリームを塗っておくと水シミや汚れが付きにくくなるので、オススメです。

使用しているうちに、革が乾燥してきたように感じることもありますが、こんな時にもクリームで適宜、油分を補ってください。

水濡れが気になる方は、防水スプレーを全体にさっとかけておいてもよいでしょう。

水がついてしまった場合は、すぐに乾いた柔らかに布でふき取ってください。そうすることが革を良い状態のまま長持ちさせることになります。

最後にちょっとした裏ワザをひとつ紹介しておきましょう。

外装にヌメ革を使用しているも革製品は、使用前に数日、日光に当てておくと、ムラなく色が変化して、傷や汚れが付きにくくなります。

先に汚れなどがついてから紫外線に当たると、どうしてもムラが出てしまい、きれいにエイジングしてくれないことがあるんです。

外装にヌメ革を使用した製品を購入した場合は是非、お試しください!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>