ナポレオンカーフ・ヴィンテージのような美しさ

このサイトでも何度も紹介しているココマイスター。

新商品や再販売を欠かさずチェックするため、メルマガ登録しているのですが、このところ、ナポレオンカーフの財布がよく紹介されていて、気になっています。(ちなみのココマイスターのメルマガ、読むだけでも笑えるので是非、登録してみてください)

14062702

おそらく、最近の売れ筋商品なんでしょうね。

このコラムではこれまでマットーネやブライドルレザーなどを中心に紹介してきましたが、今日はこの、ナポレオンカーフの魅力について語りたいと思います!

ナポレオンカーフとは

マテリアルイタリア製のカーフにたっぷりとオイルを染み込ませてなめされた、オイルドレザー。

皮の銀面をサンドペーパーでこすり、起毛させる『吟すり加工』と呼ばれる処理が施されているため、ヌバックのような手触りを楽しむことができるんです。

ナポレオンカーフはヴィンテージ皮革のようなこなれた美しさとツヤ、滑らかな手触りが最大の特徴になっています。

高い縫製技術が要求される皮革

縫製中最高級の素材に慣れているココマイスターの職人さんですら、初めてナポレオンカーフの素材を手にしたときはびっくりしたと言います。

見るからに皮が柔らかく、接着するのが難しそうな素材。革にクセがあるので扱いが難しく、縫製できる職人さんも限られているのだそう。

商品化するまでも、かなりの時間を要したそうです。

ナポレオンカーフの財布を縫製するときには、皮革の繊維の向きや素材が持つクセを把握して使用する上で型崩れが起きないよう、細心の注意をもって、裁断・縫製が行われます。

まさに素材ひとつひとつが持つ個性を生かしながら、財布づくりが行われているんですね!

早いエイジングが楽しめる、生まれながらのヴィンテージ素材

ナポレオンカーフは起毛されている分、空気に触れる面が多くなるため、色が変わりやすい素材になっています。

置いてあるだけで革の色が変わってきてしまうので、素材としてもどんどん生産するわけにいかず、必要な分だけなめされる皮革なんです。

使用1年後エイジングも早く、使用して数か月で他の皮革なら5年、10年かかるような変化を見せると言われています。

画像は使用1年のナポレオンカーフ。確かにすでにアンティークのような風格を漂わせていますよね。

こんな風に書くと、取り扱いが難しいのでは?と思いますが、そんなことはありません。

表面が起毛加工されているので、汚れなどが革の奥まで入りにくいというメリットもあるんです。そのため、普段のお手入れは軽くブラスで汚れを払う程度でOK。耐久性も抜群です。

ただし、水に濡れるとシミになりやすく、また、自然な風合いを生かすため、表面の色止め加工をしていないので色落ちには注意が必要。防水スプレーをかけてから使用するようにしましょう。

このシリーズは外装、内装ともにナポレオンカーフを使用しているのも特徴のひとつ。その手触りと香りの良さは職人さんに『是非、手に取ってみてほしい』と言わしめるほど。

こなれた美しさが楽しめる、落ち着いた雰囲気の財布をお探しの方にオススメです!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>