コードバン

コードバン(コードヴァン)というのは、農耕用の馬の臀部(でんぶ…お尻のこと。)から採取される皮革の事です。

ただし、現代では農耕用のお馬さん生産されていないので、食肉用として生産されている馬から採られているのが現状です。

財布の他にも鞄、靴、革小物などに広く使用されています。

コードバンはとても希少価値の高い皮革

コードバンは「革のダイヤモンド」とか「キング・オブ・レザー」と言われていますが、その理由としてその部位の希少性が挙げられます。

世界でも1ヵ月に数千頭分ほどしか採れないそうです。これだけでも価値が跳ね上がるのは分かりますが、もちろんその質によってさらに価値を高めているのです。

コードバンは一般的な革素材のように皮膚表面の部分は使いません。内側の部分だけを使用するのです。

馬のお尻の表にある皮を丁寧に丁寧に少しずつ削っていくと、厚さ2mm程のコードバン層と呼ばれる繊維質があるのですが、この部分だけを使うのです。

厚さ2mm程のコードバン層

これが、コードバンをダイヤモンドと言わしめる所以でしょう。

コードバンの特長

コードバンの特長としてまず、傷が付きにくいという事が挙げられます。これは繊維がとても細かいからです。

そして繊維であるにも関わらず手触りがとてもしなやかなんです。これは、コードバン層内部にある事で、コードバン自体が表面を皮で守られているからです。

コードバンは非常に頑丈な皮革です。その強さは牛革の2倍から3倍もあるそうです。シミや、汚れなどにも強く、丁寧な手入れをすれば一生使えるのが魅力です。

コードバンは長く使い込むほどに独特の風合いが出てきます。手入れの仕方や使用する環境などで自分だけのオリジナルの色合いに変化します。

革製品が好きな人にとっては本当に味のある素晴らしい革なのです。

お手入れについて

手入れに関しては多少気を遣って欲しい部分があり、クリームやワックスなどで磨くと革表面が曇ってツヤ感を無くしてしまいます。

また、水に濡れたまま何もせずに放置していると、水ぶくれ状の跡が残ってしまいます。こういった場合は、直ぐに拭き取らないといけません。

コードバンの財布は、ココマイスター、YUHAKUなど、革自体にこだわりがある職人が製品作りを行っているブランドでは必ず取り扱っています。

おすすめのコードバン財布

ライニング(内装の革)にもコードバンを使用しているYUHAKUの束入れ(YFC113)なら絶対に満足感が得られます。

YUHAKUのコードバン長財布

純札(小銭入れ無し)で価格もそれなりにしますが、これをひとつ手に入れたら、確実に自分を格上げしてくれる財布です。出ているオーラが変わります。(笑)

『そこまでの予算はちょっと厳しい…。』という方におすすめは、ココマイスターのコードバン 長財布です。

ココマイスター コードバン 長財布

こちらも純札ですが、マチがあるので収納力は上です。内装もコードバンではなくヌメ革を使用しているので、価格も落ち着いています。

もちろんヌメ革だからダメという事ではなく、とても上質なヌメ革で、経年変化でより深みが出てきます。

コードバンの財布を是非手にしてみたい!使ってみたい!と思う方は是非チェックしてみて下さい。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>