パープルやブルー、ワインといったカラーを

前回に引き続き、2万円で買える、相手の年齢に合わせて選ぶプレゼント用財布・30代編と題しまして、30代のメンズ・男性にぴったりの革財布を紹介していきたいと思います。

メンズ・男性の30代。いろいろと考える年頃です。人によっては結婚して家庭を持っているという人もいれば、仕事に夢中で毎日走り続けている…、そんな人もいるでしょう。

いずれにせよ、30代になると持っているものを見られるようになりますし、自分を主張したくなる時期でもあるかもしれません。自分自身、本当にイイモノを身に着けたいと考えるようになったのも、30歳になってからだった気がします。

そんな年頃のメンズ・男性にプレゼントするなら、どんな革財布がいいのでしょうか。具体的に考えてみたいと思います。

定番のカッコよさを目指すならオーソドックスに

それまでは、なんとなくモテだけを意識していた人も、30代になると、『仕事ができるように見られたい!』そんな風に考えはじめます。服や靴はもちろんのこと、小物もそんな観点で選ぶようになっていきます。

ブライドルそんな定番のかっこよさを目指している男性へプレゼントならココマイスターのブライドル・インペリアルウォレットでしょう。

30代イメージ

外装は英国で馬具として使用されていたブライドルレザーを使用、内装はヌメ革です。

その人の好きなブランドが分かっている場合はいいのですが、そうでない場合はこんなシンプルな財布を選ぶことをオススメします。

30代になると、ブランド物よりもこうした本物志向に転向する人も多いですしね。

このインペリアルウォレットは使い続けていくと、表面のブルーム(ロウ)が取れて、艶が出てきます。同時に内装のヌメ革もこなれた色に変化してくるので、経年変化のコンビネーションを楽しむことができるんです。

シルエットとしても定番中の定番といったスタイルで、カードポケット9か所、紙幣は100枚入るという大容量も魅力と言えるでしょう。誰にプレゼントしても喜んでもらえる財布だと思います。

少し色気のある財布を選ぶなら

かっちりした財布よりも、もう少し遊び心を感じさせるような色気を感じさせる財布をプレゼントしたい…という方には迷わずYUHAKUをオススメします。

yuhaku

かつて財布のカラーというと、ブラックやブラウン、ちょっと目先を変えたところでネイビー…それ以外は邪道、くらいに思っていたのですが、YUHAKUのラインを見て、そのイメージが完全に覆されました。

パープル

イタリア語で霞を意味するfoschia(フォスキーア)というシリーズ名の通り、幾重にも重なった色が織りなす複雑なエレガントさは他のブランドにはない魅力となっています。

パープルやブルー、ワインといった一見クセのあるカラーも、奇抜さを感じさせない印象に仕上がっているんです。

ブラックやブラウンの財布は似合いそうにないなー。という男性にはこんな財布を選んでみてはどうでしょうか。

グレーのスーツにYUHAKUのパープルやブルーの財布を合わせたら、一筋縄ではいかないカッコイイ男…プレゼントした人が、そんなイメージで見られること請け合いです。

いや、ほんとに、こんな財布持ってたら絶対、言われると思いますよ、職場の女性に。『○○さんの財布見たー?すごいオシャレ!』なんて。

そう。持つ物を気にし始めるのは持つ本人だけではありません。周りの人も持っているアイテムでその人を判断しはじめるのが30代なんです。

30代の男性へのプレゼントに迷っている方へ参考になれば幸いです。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>