女性が手にしても違和感のない財布って?

良質長財布メンズ館というサイト名の通り、当サイトでは男性の皆さん向けの財布を紹介していますが、いろいろチェックしていると、

『あーこれ女性が持ってもいいなー。』

と思うものがいくつかあります。最近改めていいなーと思っているのが、ココマイスターのマットーネ・オーバーザウォレット。革を編み込んだ独特の作りが美しい、あの財布です。

今日はこのマットーネ・オーバーザウォレットの魅力について語りながら、女性が持ってもいい財布のポイントについてお話したいと思います。

女性用の財布の条件とは

このオーバーザウォレット、女性へのプレゼントとして購入される方も多いみたいです。あとは、旦那様のプレゼントとして購入し、自分も欲しくなった!という方も。私も欲しいな~と思ってしまいました。

オーバーザウォレット中身

オーバーザウォレットはラウンドジップタイプで使いやすく、マチつきなので開くとパッと中身が見渡せる便利な財布です。

女性にとって、この使い勝手の良さは大事なポイント。ポイントカードもたくさん入りますからね!

なんでもかんでも詰め込みがちな女性にはぴったりの財布と言えるでしょう。

革を編むということ。

革編み込み

オーバーザウォレットの最大の魅力といえば、丁寧に編み込まれた革の外装です。

こんな風に丹念に細い革を編んでいく…気の遠くなるような作業です。

この編んだ革が繊細なイメージを持たせているからこそ、オーバーザウォレットは男性が持っても女性が持ってもおかしくないのかな…と思います。

男性向けとしてはもう少し明るいカラー、ブランデーがいいなと思いますが、女性が持つなら、画像のカラー、ビターチョコがいいですね。

この革を編んでいく工程を繰り返していると、当然ながら、次第に革の表面が波打ってきます。

これを職人さんが絶妙な力加減で、撫でるようにして落ち着かせていくんだそう。指先の感覚だけが頼りという、まさに経験豊富な職人さんでなければならないワザです。

15010804

普通の皮革は1回で使用する形、大きさに裁断することができます。

しかし、オーバーザウォレットの場合、まず皮を細くカットしてから編み込み、平らにならして接着してから裁断するという手間がかかるのです。

画像は編み込んでから裁断したときの様子。編み込まれた革は見事に平らになっていることが分かりますよね。もうこれは芸術品です。

手前にある裁断のための型も革を編んだ方向に合わせて、ミリ単位で調整して置き、カットするのだそう。

この工程を目にしたとき、思わず『ふぉ~っ!』とつぶやいて(?)しまいました。

ちなみに編み込んだ革の裏側には特殊な布を貼りつけています。このことで革がずれたりすることがなくなり、しっかりと固定されて、強度を増すというわけです。

裏側はどうなっているんだろう?と思いますよね。見たいけど、(財布が壊れるから)見たくない、みたいな。

こうした見えないところにも、職人さんのワザが光っているワケです。見えないところにも決して手を抜かない。日本の職人さんの美徳を感じさせてくれます。

いかがでしたか。

ちなみに、マローネはいまだに今年の財布を決めかねています。早く買え!という声が財布良男さんからも飛んできそうです。(笑)

このマットーネ・オーバーザウォレットにしようかなぁ…と真剣に検討中です。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>