大人の休日のためのシンプルな二つ折り財布 - BROOKLYN

男性にとって、財布はロゴが入ったブランド物よりも、シンプルなレザーのものがいい…。年をとるごとにそんな風に感じます。

30歳を過ぎると特にブランド物より本当にイイモノが欲しい!と思うようになりますよね。私の場合、財布はいくつか使い分けているのですが、休日は財布ひとつででかけることが多いため、二つ折り財布を使用することが多いです。

そんな『大人の男の休日のための二つ折り財布』にぴったりなのが、藤巻百貨店で紹介されている、BROOKLYNのカラフルレザーシリーズです。

BROOKLYNとは?

BROOKLYNは1979年、東京の千駄ヶ谷で誕生しました。当初やシップスやビームスなどのセレクトショップのオリジナル商品の生産をする事業からスタートしました。

アパレル

1990年代にはバーニーズニューヨーク、ポールスミス、ユナイテッドアローズといったブランド、セレクトショップのアイテムの企画・生産も手がけるようになり、業界におけるBROOKLYNの評価はどんどん上がっていきました。

そして、2008年には東京青山に直営店をオープン。

『使う人にとって本当に良い物とは何か』をベースに、『使って楽しい』『身につけ て嬉しい『ひとつ上の心地よさ』を追求していく、質の高いアイテムを提供するブランドとして人気が定着しつつあります。

(画像は※公式サイトから引用しております。)

BROOKLYNのカラフルレザー

フクシア

BROOKLYNのカラフルレザーは型押しのフレンチカーフを使用。多少乱暴の扱っても傷がつきにくく、経年による摩耗もしにくい丈夫な素材です。

このフレンチカーフはヨーロッパの有名ブランドも使用するほど質のよいもので他のブランドにはない、鮮やかな発色の色揃えが特徴になっています。

見た目だけではなく、機能性も抜群。二つ折り財布でありながら、見開き部分に3ヵ所、スナップで止めると隠れる部分に6ヵ所という収納性の高さで、定期入れや切符などの小さいものをはさめる『あおり』もついています。

サックスブルー

さらに外側には使いやすい小銭入れもついていて、コレひとつで外出できる便利さを兼ね備えているのです。

革のカラーも手にするのが楽しくなるような、サックスブルー、グリーン、イエロー、ピンクといったカラーが用意されいてます。

カラフルでありながら、上品さを失わないのはさすがと言えるでしょう。

このBROOKLYNのアイテム、よーく見ると、革と縫製によるステッチの色が違うんです。同じ色の糸を使うよりも、縫い目が目立つため、高い技術が必要になるという職人泣かせのデザインでもあるのだそうですよ。

ひとつひとつ丁寧に縫製され、革の断面はコバ磨きで仕上げられているため、長く使うことも十分可能です!

縫製

でもこのステッチと革のカラーコントラストがあることで、洗練された雰囲気が出ていますよね。休日向けの財布はカラフルなものを選びたい!という方にもオススメです。

(画像は※公式サイトから引用しております。)

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>