1つの財布で2度おいしい?コラボアイテムの魅力とは

突然ですが、ストリート系やカジュアル系のファッションが好きな皆さんはどんな財布を持っていますか?

このサイトで紹介している革財布はトラディショナルなスタイルのタイプが多くなっています。

もしかしたら、個性的なファッションを好む人にとってはちょっと物足りないと感じるものが多いのではないでしょうか。

ストリート系やモッズ系など、コーディネートに古着を取り入れたり、パンク系のファッションで決めているのに、財布はビジネスマンのようだったら、それはそれでオカシイ。そんな風に思うんです。

glamb財布

個性的なおしゃれ男子の皆さんにオススメしたいのが、ファッションブランドとのコラボアイテム。

革製品メーカの確かな技術とファッションブランドのセンスが融合された素晴らしいアイテムが揃っています。

コラボアイテムが充実しているサイトといえば、JAM HOME MADE

今日はこのJAM HOME MADEとファッションブランドglamb (グラム)とのコラボ財布を紹介したいと思います。

glamb(グラム)ってどんなブランド?

glamb とはGrunge for Luxuryをコンセプトにデザイナー古谷完氏がスタートさせたブランド。

90年代に流行ったグランジのテイストをあらゆるアイテムに反映させたアイテムがおしゃれ男子の間で人気を呼んでいます。

グランジ

グランジとは、もともとはGrungy(グランジー・汚い)という言葉からきています。

その名の通り、古着や穴が開いていたり、カジュアルなアイテムをさらに着崩すといった着こなしスタイル。

本当に汚らしくならないようにしなければならないので、結構、難易度が高いスタイルなんですよね。

自己流でグランジを取り入れようとしたら、一歩間違えると小汚い印象になってしまいがちです。

glambのアイテムならグランジのエッセンスが『こなれたカッコよさ』として落とし込まれているので、比較的簡単に着こなすことができるんです。

JAM HOME MADE × glamb のコラボ財布

そんな、JAM HOME MADE × glambのコラボ財布がこちらです。

glam財布

JAM HOME MADEのシンボルでもある、360度回転するアイレットパーツ(左上のわっかのような金具)はそのままに、牛革と染色を施したエキゾチックレザーのパッチワークがglambらしさを醸し出しています。

JAM HOME MADE,glambの二つのブランドが最高の素材を選んで手作りしているため、大量生産はできないそう。7月30日現在、予約受付中です。

 

財布内部

財布を開いてみた画像がこちら。

ジップタイプの小銭入れ、財布の両側にカードポケットが用意されています。

これなら、どんどん増えてしまいがちなカードをきちんを分けて収納することができそうですね。

内装に使用している革もアンティークのような趣があります。また、ジップの引手もレザーがついていて、細かいところまでこだわって作られていることが伝わってきます。

外装のパッチワークがこぎれいなグランジっぽい雰囲気を醸し出していて、いかにもglambっぽい感じ。平凡な財布はいやだ!という方にもぴったりです。

ストリート系やモッズ系などこだわりのファッションが好きな方は是非チェックしてみてください!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>