モノの価値について

まず始めに断っておきたい事なのですが、私は決して、

『ブランド財布はネームバリューにお金を払っているので無駄。』とか、『ブランド財布は原価率が低いから相応の値段とは言えない。』

という理由でブランド財布を否定する気は全くありませんし、していません。

例えばブランドものの財布を見渡せば、エルメスの財布はズバ抜けて高いですよね。平気で50万円以上の価格が付きますが、現実…そこには需要が確実に存在しています。

エルメスの財布

最初は『なんで財布なのにこんなに高いの?』と理解が出来ませんでした。

いや、正確には理解はできていましたが、頭ごなしで否定的でした。やっかみ根性も少しあり…。(笑)

モノの値段の高い低いは他人には決められない

しかし、ブランドものの財布は、モノ以外にも沢山の付加価値が存在する事を知ってからは、やはり一つの選択肢としてあって然るべきだと考えます。

ブランド力というのは知名度とも言い換えられますから、もし仮に公の場で財布を見られる機会があった時に、アナタ(私)がエルメスの財布を持っていた場合、

この人(私)はお財布にここまでのお金を掛けてる(掛けられる)人

という共通認識がそこには生まれますよね。

ここから例えば、経済的に成功している人・仕事が出来る人・自立(自律)した人・知的な人…等々の良いイメージも連想されます。

女性からするとやっぱり探りを入れたくなるような(笑)会話を、無言で出来てしまうのがブランドモノの大きな付加価値だと、私は最近思っています。

もちろんビジネスシーンでも有利に働く事の方が多いです。(最も、エルメスの財布が持つイメージを本人が下回ってしまった場合、そのギャップ・反動のせいで、逆にマイナスイメージが大きく付きますが。)

また、こういった大きなブランド力のある財布を所持していると、精神的な充実感や幸福感が増し、そのメンタルが日々の生活に活力を及ぼしたりします。

そうなってくると、もはや値段以上の価値が生まれます。そう考えると一つの真実が解かりますが、結局モノの値段というのは本人にしか判断できません。

他人に『これは高いよ。』『これは安いよ。』と言われた所でそれは自分にとっては当てはまらないのです。

ですから、友達や知人やネットの質問掲示板で『これって高いですか?』という質問は、本来あまり意味を持たないのです。

これが本当のお金とモノの価値の関係だという事をしっかりと理解している人は、ブランドものの財布を買っても相応しい振る舞いができる人だとも思います。

財布には第一に機能性を求める人にすすめるサイト

上記のことを踏まえた上で、私はこのサイトを作成しています。そうです、つまり私自身は、財布にはブランドネームを求めていない人間です。

まあ、エルメスの財布は高すぎて買えない、という事もありますが…。(笑)でもルイ・ヴィトンに7万円とか出すなら、オールコードバンのユハクの財布を買うタイプという事です。

ユハクの束入れ(コードヴァン)

『流行のブランドに流されない、本格・良質な財布を求める全てのひとへ。』

これはサイトのキャッチフレーズというか切り口ですが、そういった考えに基づく「流行のブランドに流されない」という言葉選びをしているという事なんです。

機能性や革の質だけを追及するのであれば、ブランドネーム等の付加価値にお金を払う必要は全くありませんから。

もしここまで文章を読んで頂いて、この内容がタメになったと感じる人が居ましたら、『これだけの値段するんだから、値段相応の品質なんだろうな。』という安易な流され方だけはして欲しくない、というのが私の願いです。

そういうお節介な人間が作っているサイトです。(笑)ということを踏まえてどうぞ良質革財布.bizをよろしくお願い致します。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>