堅固な革、ブライドルレザーの特徴とお手入れ方法について
2件 のコメントがあります。

革の表面に浮き出た白いロウ(ブルーム)が印象的なイギリス産の皮革・ブライドルレザー。

原皮は丈夫な成牛の皮を使英国紳士用。ブライドルとは馬具という意味で、イギリスに1,000年以上前から伝わる伝統的な製法によって作られています。

乗馬用の馬具に使用されているだけあって、見た目のエレガントさと堅牢性を持ち合わせているところはさすが、という感じがします。

まさに英国紳士のためのアイテム!といった雰囲気が漂っていると思いませんか?この雰囲気を纏えるのは素敵だと思います。

今回はこのブライドルレザーの特徴とお手入れ方法を紹介したいと思います。

ブライドルレザーの特徴

  • 白く浮き出たロウ(ブルーム)の存在感
  • 堅牢性とエレガントさを兼備
  • 素材そのものの良さが生きている

大きな特徴として以上の3つが挙げられると思います。以下、それぞれについて詳しく解説してみたいと思います。

白く浮き出たロウ(ブルーム)の存在感

ブライドルレザーの最大の特徴といえば、銀面(革の表面)に浮き出た、白いロウ(ブルーム)でしょう。

ブライドルレザーのブルーム

これは光沢を与えながら、防水性や強度を高めるために、ワックスとして使用されています。詳しく言いますと、ミツロウ、植物性油などが浮き出たものなのです。

同じブライドルレザーでも、物によってかなり白っぽく見えるものと、そうでないものがあるのは、タンナーによる製法の違いなのだとか。

堅牢性とエレガントさを兼備

ブライドルレザーは丈夫な成牛の皮を使用しています。さらに強度を高めるため、ロウが染み込ませてあるので、革自体がとても硬いのが特徴でもあります。

ブライドルレザーのツヤ使い始めは、いかにも丈夫そうな素材といった印象ですが、次第にブルームが取れてくると、なんともいえない上品なツヤが生まれます。

そのころになると、硬かった革も徐々になじんできます。

使い込むことでより、そのエレガントさと品格が増していく…。そんな感じの素材なのです。

ちなみに、最近は革製品として加工・使用しやすくするため、イギリスから輸入した原皮を国内でなめしているブライドルレザーもあるのだとか。

革製品マニアとしては、縫製は日本でしていても、やっぱりイギリス製がいいかな?と思ってしまいます。

素材そのものの良さが生きている

丈夫な成牛の皮を使用しているということは、それだけ傷や色ムラ、血筋などが目立ちやすいということでもあります。

そんな皮がもつ表情を、そのまま生かして加工してあるので、財布ひとつひとつが個性的な表情を持っているのです。

また、こうした皮の個性を覆い隠さないよう、植物タンニンでなめされているため、革の経年変化を楽しむこともできます。5年、10年後にはまさに唯一無二の存在になっているはずです。

ブライドルレザーのお手入れ

ブライドルレザーのお手入れとしては、買ったばかりの時というのは、レザーにロウ(ブルーム)が沢山乗っている状態なので、乾拭きをするだけで大丈夫です。

使用していく内に表面のブルームが馴染み白さが無くなってきます。以後、乾拭きをしていて表面にかさつきが出てくる場合は、皮革用のクリームなどで油分を補います。

ブライドルレザーはタンニンなめしの革なので水に弱いです。ですので、雨の日などで革が濡れてしまう恐れのある場合は、防水スプレーなどで保護してください。

ただし!購入直後~しばらくの期間での、革表面にロウ(ブルーム)やオイルが噴き出している状態で防水スプレーをかけてしまうと革表面が白くなってしまう(白い皮膜になってしまう)事があるため、注意が必要です。

あくまでブルーム等の油分が無くなり、革自体に乾燥が見られてからという事になります。

念のため防水スプレーをかける場合は、乾拭きでロウやオイルを革に擦り込んでからにして下さい。ちなみに、もし白い皮膜になった場合は、やはり乾拭きすれば目立たなくなります。

以上、お手入れ方法の紹介でした。

 

2 件のコメントがあります。

  1. さゆ より:

    記事の最後に「使用前に防水スプレーをかけておくと安心でしょう。」と書いてあるんですが、ブライドルレザーの財布使用3日目に防水スプレーをかけて大変なことになった記事を見た直後にここを開いたので大丈夫かな?と思いました。

    こちらで扱ってる「ココマイスター」さんの財布での出来事のようです。「ブライドルグランドウォレットお手入失敗」で調べるとすぐにでてきます。

    このコメントは公開されなくてもかまいません。(公開してもかまいませんが)

    本当にブライドルレザー(購入後、使用前のもの)に防水スプレーしちゃって大丈夫なのかな?と思っただけですので、問題なければ修正も無くても良いですが、一応ご確認いただければと思います。

    シーズンものなら何年か使ってまた取り出すときに・・・とも読めるんですが、財布は基本的に毎日使うもののように思うので使用前といったらたぶん購入直後ですよね・・・。

    1. 財布 良男 より:

      さゆ様

      コメント頂きましてありがとうございます。また、返信が遅くなりまして誠に申し訳ございません、当サイトの管理人でございます。

      こちら、当サイトでも調べさせて頂きましたが、確かにそういった事例があるようですね。そして、おそらくさゆ様が見たであろうページの元に、ココマイスターの公式サイトも確認しましたが、

      お手入れ方法の文言が新しくなっていました。おそらくページ先様の事例をもとに修正したのだと思われます。

      当サイトのこのページで紹介しているお手入れ方法も修正させて頂きました。

      購入直後にはブルームで油分があるので、防水スプレー等はかけなくても大丈夫という事と、それでもかける場合の対処法について追記しております。

      この度は貴重なご指摘誠にありがとうございました。
      お返事遅くなり誠に申し訳ございませんでした。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>