お手頃価格のワニ皮・石ワニの魅力とは?

男性なら、一度は手にしてみたいと思うのがワニ革やリザード革を使用した高級感のある財布。

私もいつかはワニ革の長財布を持ってみたい!と思っています。その日の為に現在もちょくちょくワニ革の財布の価格をリサーチしているのですが、同じワニ革でもワニの種類によって価格が異なるということが分かってきました。

ワニ革の中でも高級素材とされるのが、クロコダイル。それと比べると少し価格が安くなるのがアリゲーターです。

 今日はこのワニ皮について詳しく紹介します!

クロコダイルとアリゲーターの皮の違い

クロコダイルとアリゲーターの違いとはなんでしょうか。口を閉じた時に下あごの牙が出ているのがクロコダイル、隠れているのがアリゲーター…なんていうの見分け方を、以前訪れたバナナワニ園で見たことがあります。

ワニ

皮革素材として高級なのはイリエワニナイルクロコと呼ばれるワニたちです。

クロコダイルは性格が凶暴なので、ケンカして傷がつかないように1匹ずつ大切に養殖されているそうです。想像するだけで、ちょっと怖いですね、ワニのケンカって。

ワニは成長すればするほど、傷がついて革も硬くなるので、小さいうちに皮を取られてしまうのです。当然、皮自体も小さく、これも価格をあげる原因になっているのだとか。これらのクロコダイルはウロコ部分が比較的小さく、規則正しく並んでいるのが特徴です。

これに対して、アリゲーターである石ワニ(カイマンとも呼ばれます)はイリエワニやナイルクロコほど、ウロコが小さくないのが特徴ですが、価格はクロコダイルに比べると、お安くなっています。

キプリスコレクションの石ワニ

石ワニは皮のウロコ状の部分が立体的になっているのが特徴です。皮の表面のウロコが骨のように硬く、なめすのが難しい皮革なんだそうです。

石ワニ財布

石ワニを使用した皮革製品の中にはハードな印象をそのまま生かしているものもありますが、キプリスコレクションの石ワニを使用したシリーズはマットなツヤが美しい上品な仕上がりになっています。

エキゾチックレザーは光沢のあるタイプだと、いかにも!という感じがして敬遠する人もいるかもしれませんが、こんなマットなタイプなら男らしい渋さがでていていいと思います。

価格も同じキプリスコレクションのクロコダイルシリーズと比べると、数万円安いのでワニ革としては手頃な価格と言えるかもしれません。

石ワニ2

ちなみに最近は石ワニをはじめとするアリゲーターの皮の価格も上がってきているのだとか。

もしかすると、この財布の価格もそのうち上がってしまうかもしれませんね。

最近はワニ革の財布を見かけると、これはクロコなのか?アリゲーターなのか?なんてことまで考えてしまいます。価格の手頃なアリゲーターにするか、憧れのクロコを手に入れるか…。そんな風に悩んでみるのも楽しいものです!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>