カーフって何の皮?さまざまな牛革の種類

財布をはじめとする革製品の素材としてよく用いられる牛革。

カーフスキンと総称されることもよくありますが、ひとことでカーフと言ってもいろいろな種類がありますし、カーフ以外の牛革もあります。

今回はこのカーフの種類とそれぞれの特徴について詳しく紹介したいと思います!

牛革の種類

カーフ 

生後6か月までの仔牛の皮。銀面のキメが細かく、皮が柔らかい。若い牛の皮なのでキズが少なく、部位による皮質の差が少ないのが特徴。体が小さい分、面積が少ないので、流通量も少ない高級素材。

キップ

内装キップ生後6か月から2年くらいまでの牛の皮。

キップもカーフスキンに含まれてしまうことがあるが、キップはカーフに比べて皮が厚く、耐久性に優れている分、銀面のキメの細かさではやや劣る。

耐久性を生かして、財布の内装に使われることも。YUHAKUのコードヴァン長財布の内装にも使用されている。

カウ

カウ革ジャン生後2年までの雌成牛の皮。雄牛であるステアやブルに比べると皮自体が薄く、銀面のキメは細かいがお腹の部分の皮の繊維がややルーズという欠点も。

皮ジャンなどにもよく使用される。

ステア

生後数か月で去勢された雄牛の皮。皮質はカウとブルの間といったところで、成牛の中でもキメが細かい。

ステアレザー牛皮の中で最も流通量が多いため、ステアを使った革財布は手頃な価格のものが多い。

画像はアニアリのアンティークレザー二つ折りタイプ。この柔軟性で税込¥19440円はお値打ち。

ブル

生後3年以上の雄成牛の皮。皮自体が厚く、丈夫だが、繊維が荒く、去勢されていないため、気性が荒い牛同士のケンカ(?)による傷が多いのが欠点。靴や靴底などに使用されることが多い。

ハイドとスキンって?

皮革素材の名前には『カウハイド』や『ブルハイド』と呼ばれるものや『カーフスキン』『キップスキン』と呼ばれるものがあります。

スキン=皮、皮革ならみんなスキンじゃないのか?と思いませんか。私も初めはそう思っていました。お恥ずかしい。

皮のタイプと組み合わせて使われている、この二つの言葉は動物の生育状態を示したものなんです。

ハイドとは

厚くて重い、大きい皮のこと。牛革の場合、体重が13.6キロ以上のものがハイドになる。

スキンとは

薄くて、軽い、小さい皮のこと。牛革の場合、体重が13.6キロ以下のものがスキンになる。牛革の他にはシープスキンなどがある。その他、小動物の皮を○○スキンと呼ぶことも。

 

ざっくりとまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。カーフについては、さらに細かく種類が分かれるので、また別の機会に詳しく触れたいと思います。

ステアのように流通量が多いものは価格も安くなるというのは目からウロコだったりしませんか。

ちなみに皮革素材の減量となる牛皮はすべて肉牛や乳牛などの副産物です。ステアの流通量が多いのは、私たちが食べている肉牛から採れる皮だからにほかなりません。

命をいただくのですから、できる限りムダにすることなく使い切る。新しい財布を手に取るときは、動物たちにも感謝しなければいけませんね。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>