メンズ長財布の定番中の定番!ポールスミスの人気の秘密

人気のメンズ長財布ブランドランキング1位のポール・スミス。大手通販サイトでも常にメンズ長財布ランキング上位にランキングしているほど人気のブランドです。

今回はこのポール・スミスの長財布の人気の秘密について、詳しく掘り下げてみたいと思います!

ポール・スミスの長財布の人気の秘密

価格が手ごろでネームバリューがある

ポール・スミスというと、日本ではライセンス契約の上で作られた手頃な価格のアイテムが揃っています。しかし、ブランド自体はイギリスのノッティンガムに1970年に誕生した老舗でもあるのです。

ポールスミス革財布

毎年、パリコレクションなどで発表されるプレタポルテ(いわゆる高級既製服)ラインのスーツなどは何十万円もするものばかり。

こうした高級ブランドが手掛ける手頃な価格のラインと考えると人気が出るのは当然かもしれませんね。

財布に5万円、10万円という値段は出せないけれど、『手頃な価格でも有名なブランドがいい!』という若い世代に人気があります。

シンプルで遊び心のあるデザインと機能性の高さ

マルチストライプポール・スミスの財布は黒やブラウンといったベーシックカラーの外装にパッと目を引くブルーやマルチカラーのストライプなど、他にはないデザインのものが目立ちます。

またビジネス用としても使えるような、イギリスのブランドらしい奇抜すぎない上品さも幅広い世代に受け入れられている理由でしょう。

財布という小物でありながら、デザイナーのポール・スミスのスローガンでもあるひねりのあるクラッシックをしっかりと再現しているのです。

ポールスミス、きれいな発色です。また日本のメーカーとライセンス契約を結んで作られているだけあって、カードスペースに余裕があるなど、日本人にとって使いやすい機能性を持っていることもポイントです。

価格の手頃さから若い世代を中心に人気を呼んでいるポール・スミスですが、30代、40代の男性でも休日用の財布としてポール・スミスを選ぶ人が増えているようです。

ポール・スミスのブランドヒストリー

ここで、ポール・スミスのブランドヒストリーにスポットを当ててみましょう。 

デザイナー兼オーナーのポール・スミスはもともと自転車競技のプロ選手になることを夢見ていましたが、ケガにより、それを断念。失意のうちに入り浸っていたパブでアートスクールの学生たちと過ごすようになり、そこからファッションの道に足を踏み入れていきました。

その後、テーラーの店員をしながら、当時はほとんどなかったメンズファッションショップ(今でいうセレクトショップ)をオープン。彼の店はファッション業界でも話題を呼び、大手アパレルメーカーからデザイナー兼コーディネーターとして採用されます。

1976年に初めて自分のコレクションを発表。その後、1980年代には彼の夢だったロンドンへの出店、そして東京・青山にもショップをオープンさせます。2000年にはその功績が認められて、イギリスのエリザベス女王から爵位(Sirサー)を与えられました。

2008年からはマンチェスターユナイテッドのチーム公式ユニフォームもポール・スミスが手掛けているのだとか。

小さなセレクトショップからイギリスを代表するブランドへ…。『やりたい事を変えない』という信念を貫き続けたポール・スミスの情熱がかなえた、サクセスストーリーと言っていいかもしれません。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>