コーチは本当に幅広い年齢層に愛されているのか?

上品かつモダンなデザインで幅広い世代に愛されているブランド、コーチ。1941年、ニューヨークで誕生したこのブランドはもともとは小さな家族経営の革工房でした。

化学成分でコーティングされてない、革素材そのものの良さをいかして誕生したバッグは野球のグローブにインスピレーションを受けて作られたのだそうです。

1990年代前半は日本でもシンプルなコーチの革のバッグが流行していました。

今、コーチといえばキャンバス地のシグニチャーラインがあまりにも有名ですが、以前はココマイスターのメンズラインのような革そのものの良さを生かしたスムースキンのシンプルのアイテムがたくさんあったんです。

コーチ人気モデル

その後、若干人気が低迷し、2001年になって現在のシグニチャーラインが販売され、コーチの人気は見事復活しました。

今回はコーチが幅広い世代から愛されている理由について考えてみましょう。

ニューヨークのブランドらしい近代的なエレガントさ

アメリカのブランドらしく、フォーマル過ぎず、カジュアルさを残した近代的なエレガンスを感じさせるデザインはコーチならではと言っていいでしょう。

バックルベルトシグニチャーラインもカラーバリエーションが豊富で、ブラックやブラウンは30代以降、ピンクやイエロー、ホワイトといった淡いカラーは若い世代にぴったりです。

これに対し、バックルベルトがついたデザインなどは、同じブランド?と思うほどシック。40代、50代の女性が持っていても自然な感じがしますよね。

また、シグニチャーラインだけではなく、もともと革製品の工房から始まったブランドらしいレザーシリーズは30代、40代以降の女性が手にしても違和感を感じさせません。

レザーシリーズ

 

コーチのアイテムは、同じデザインでも色によってかなり印象が変わるものが多いですね。このことも幅広い年齢に支持されている理由と言えるのではないでしょうか。

手の届く高級品としての買いやすい価格設定

何度かの不景気を経て、今、消費者は手の届く高級品を求める傾向にあると言われています。

コーチ・ベージュコーチの財布は多くが2万円前後の価格設定で、見た目の上品さとつくりの上質さ、そしてブランドのネームバリューから考えると、かなり安い設定になっていると言えます。

家庭を切り盛りする主婦やお子さんにお金のかかる世代の女性は、10万以上するような財布にはなかなか手が出ないでしょう。

『あまり高い金額は出せないけれど、上質かつセンスのいいものが欲しい。』

そんな、ある意味、贅沢なニーズを満たしてくれるのがコーチというブランドなのです。

コーチのレザーライン

また、いま40代、50代を迎えている世代は1990年代のコーチの流行を体感している世代でもあります。

この世代の人にとっては仮にデザインが変わっても、コーチというブランドに対するポジティブなイメージは変わらないのではないでしょうか。

そんなアラフォー世代以降の声を反映してか、かつてのシンプルなラインを彷彿させるレザーのバッグやリュックも登場しているようですね。

コーチはこれからも目の離せないブランドと言えそうです!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>