どうしてエルメスの財布だけ飛びぬけて高いのでしょうか?

女性なら誰もが憧れるラグジュアリーブランドの筆頭、フランスのエルメス。

ブランドの中でもケタ違いに金額が高いことでも知られていますが、財布もしかり。30万から50万円程度の価格設定に、『え?これが財布の値段なの?』とびっくりしたことのある方もいるのではないでしょうか。

エルメス財布

プラダやグッチ、ルイ・ヴィトンもそれなりの価格ですが、エルメスの財布はその3倍、4倍するものもあります。

では、なぜエルメスの財布だけ飛びぬけて高いのか?

今回はエルメスの歴史も含めて、その理由について考えてみましょう。

最高級の素材と技術、歴史が織りなす芸術品

乗馬イメージエルメスは創業者のティエリ・エルメスが1837年パリに創業した馬具の工房からスタートしました。

当時は製造や卸から注文を受けて馬具(主に鞍)を製造する下請けのような位置づけではじまったのだそうです。

鞍(くら)というのは馬に乗るときに使用するサドルの部分のことで、現在でもエルメスでは乗馬やハンティング、クロスカントリーやポロ競技に使用するさまざまな鞍を製造しています。

1900年代になるとエルメスの顧客はヨーロッパの王侯貴族やロシアの皇帝などそうそうたる顔触れが揃うように。

現在でもエルメスのバッグや財布といった革製品は最高級の限られた素材を使用して、高い技術レベルを持ったフランスの工房の職人がひと針ひと針、手作業で作り上げていきます。

まさに珠玉の芸術品と言ってもいいでしょう。

それにしても財布なのに…高い!と思ってしまいがちですが、実は財布ってバッグと同じくらい手間がかかるアイテムでもあるのです。

財布側面硬い皮革をカットし、ていねいに縫製、コバの処理、ファスナーや金具をつけるといった作業も機械まかせにはできないものばかり。

財布そのものが小さいだけに作業も慎重にならなくてはいけません。

そんなわけで、ヨーロッパのブランドではナイロン製の大きなボストンバッグと財布なら、財布の方が高い!ということもよくあるんです。

流行りに左右されない、独自のスタイル

エルメスのバーキン

モナコ公国の故グレース王妃が愛用したケリーバッグ。フランスの女優、ジェーン・バーキンのリクエストで作られたバーキン。

これらははエルメスのロングセラーアイテムですが、誕生から何十年経った今も、その魅力が色あせることはありませんね。

財布であってもそれは同じことです。エレガントなデザインは何年経っても、持つ喜びを感じさせてくれるようなものばかりです。

かつての王侯貴族や現在も各国の王室関係者に顧客が多いことからもわかるようにエルメスのアイテムは流行に左右されることがありません。というよりも、エルメスが流行を作る…と言ってもいいかもしれませんね。

エブリン確かに高価なアイテムばかりですが、他のブランドと違って流行りすたりに左右されないので、ひとつ購入すれば間違いなく一生使うことができる。

エルメスというのは、そんな気持ちにもさせてくれるブランドなのです。

ブランドとしての誠意

馬車と従者をかたどった有名なエルメスのロゴ。このロゴの馬車に人が乗っていないのは『馬車に乗るのは顧客である。』という意味が込められているのだそうです。

日本語の公式サイトを見ても、日本人向けのロゴや親しみを感じさせるイラストなど、日本の文化をリスペクトしつつ、あくまで顧客本位なつくりを心がけていることが伝わってきます。むしろ歴史と伝統、人気におごることのないスタイルに好感を覚えるほど。

フランス人は他国の文化を受け入れて、その良さを認める度量があるとはよく言われることですが、ブランドとしての器の大きさを感じさせられますね。

価格の高さにはそれなりの理由と背景がある。

エルメスはそんな風に納得させられる数少ないブランドのひとつです。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>