14032301

革製品について調べていると、革にどうやって色をつけるか?そんな技術ひとつとっても、いろいろな方法があることが分かってきます。

いま、市場に出回っている染色された皮革は大きくわけて

  • 染料仕上げ
  • 顔料仕上げ

に分かれます。

ちなみに、ヌメ革など、ほとんど染料を使用せずに革の表面にオイルやワックス、シリコンなどを塗って皮革素材そのものがもつ色をそのまま生かしたものは、 素上げと呼ばれます。

では染料仕上げと顔料仕上げでは、どのような違いがあるのでしょうか。

簡単にまとめてみましょう。

染料仕上げと顔料仕上げの違い

染料仕上げ

天然皮革の表面のことを銀面(ぎんめん)と呼んでいますが、この銀面の表情を生かした染色方法が、染料仕上げです。

銀面に表れる皮革繊維の形状、配列などは動物によっても異なり、それ自体が皮革の商品価値にも影響します。この銀面の模様を生かして、透明な塗料(革の表面を完全に覆わない)を塗布して行う方法です。

YUHAKUの染色

したがって、キズがあったり、極端にシワの目立つような皮革には染色仕上げは適していません。

また、染料仕上げを行うためには、素材自体がキズやシワの少ない、上質なものでなければいけないということになります。

高級な皮革素材であればあるほど、銀面の美しさがそのまま商品価値になるので、染料仕上げで加工されていることが多いようです。

また、染色仕上げは銀面を覆いつくさないので、経年変化が楽しめるのも特徴のひとつです。

顔料仕上げ

不透明な仕上がりになる顔料と呼ばれる染料を使用して着色する方法です。

簡単にいうとペンキをベタッと塗るような感覚で、革にキズやシワがあっても多い隠すことができます。

皮革素材自体の質がそれほどよくなくても、ごまかしがきく、と言っていいかもしれません。

銀面の表情も、すっかり隠れているので、画一的な見た目と手触りになり、    経年変化もほとんどありません。

顔料には石油化学成分から合成される有機顔料と昔からある土や鉱物などから作られる無機顔料があります。

安価で作れるのは当然、有機顔料で耐久性も無機顔料よりも高くなっています。

現在、皮革の染色に使用されている顔料のほとんどが有機顔料です。

経年変化がないということは、劣化もしにくいので、買った時のままの状態で長年使用したい!という場合には適していると言えるでしょう。

顔料仕上げは女性用の財布やかばんなどの素材に用いられることが多いようですね。

安価な革製品の中には顔料仕上げで色を付けてから、シボ加工してあえて革の表面のような模様をつけているものもあります。

大人の男性が革財布を選ぶなら、染料仕上げがオススメ!

マットーネ経年変化

使い続けているうちに、革の表面がくたっとなってツヤが増していく…そんな経年変化は革製品を使う醍醐味のひとつでもありますよね。

何年経っても、まったく様子が変わらない革製品…。

ちょっと不自然ですよね。

大人の男性として革財布を選ぶなら、断然、染料加工のものがオススメです!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>