北米トップのタンナー・ホーウィン社のコードバン

先日、日本で唯一コードバンのなめしを行っている新喜皮革さんについてお話しましたが、今日はアメリカ・シカゴでコードバンのなめしを行っている、ホーウィン社の皮革について紹介したいと思います。

コードバンといえば、馬の臀部の固い表皮を削った後に現れる2ミリ程度のごく薄い層を使用した革。このサイトをチェックしてくださっている方は、もう暗記済(?)の内容かもしれませんね。

一頭の馬から採れる革の面積が小さいことで知られるコードバンですが、実はすべての馬から採れるわけではないのだそう。とにかく希少価値の高い皮革なんです!

ホーウィン社のシェルコードバンとは?

1905年、シカゴに誕生したホーウィン社。植物タンニンを使い、時間をかけて丁寧になめされたツヤのあるコードバンは『シェルコードバン』と呼ばれ、世界中で賞賛の的となっています。

14070902

奥行きを感じさせる深い光沢、それでいて、植物タンニンなめしだけに、経年とともにいい味わいが出てくる…そんな至高の素材なんです。

シェル(貝)のように硬く、艶があって美しいという意味が由来になっているこの皮革、男性なら誰もが憧れるアメリカのシューズメーカー、オールデンの靴にも使用されています。

ホーウィン社ロゴ

昔ながらの頑固な方法でモノづくりを続けていたホーウィン社が一時、経営危機に陥った時、そのピンチを救ったのがオールデンなのだそう。

消費主義が横行するアメリカだけに、イイモノを誠実に作り続けるのは、難しいことだったのかもしれませんね。

ホーウィン社のコードバンを使用した財布たち

この艶のあるコードバンを使用しているのが、キプリスコレクションです。

キプリスコレクションといえば、クロコをはじめとする高級皮革を使って、熟練した職人さんたちがひとつひとつ、一切の妥協をせずに作り続けているラインです。

キプリスコードバンキプリスコレクションを手がけているモルフォは日本の昔ながらの文化と技術を継承し続けているメーカー。

まさのホーウィン社のコードバンを縫製するのにふさわしいメーカーだと思います!

職人さんが自信を持って『一生使って欲しい』とイチオシしてくれるものばかりが揃っているキプリスコレクション。

縫製やコバの処理にはこだわりがあって、大量生産の財布とはまったく違う品格と堅牢さを感じさせてくれます。見てください、このいかにも頑丈そうなコバを!

コバ

ホーウィン社のコードバンを使用したアイテムは高価なものが多く、こちらの財布も10万円以上するものもありますが、一生使ってやる!という意気込みに、十分こたえてくれる耐久性の高さも兼ね備えています。

年月とともに艶を増していき、まさに皮革を育てる…そんな感覚で、持つ人のそばに寄り添ってくれるアイテムです。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>