スエードとヌバックの違いって?
4件 のコメントがあります。

ヌバックという用語はご存知でしょうか?ヌバックは皮革の名前ですが、同じく皮革のスエードバックスキンとの違いと一緒に解説されます。その方が混同しにくく解りやすいためです。この3つについて順番に解説したいと思います。

ヌバックとは?その特徴について

ヌバックというのは、皮革の表側(銀面とも言う)をやすりやサンドペーパーで「バフがけ(※1)」して細かく起毛加工したものをいいます。

英語で「nubuck」と書きますが、buck というのは「牡鹿」のことです。元々ヌバックは、鹿やトナカイなど「シカ科」の動物の革を使用したものだけを指していましたが、現在では表側に起毛加工を施した皮革を全般的にヌバックと呼んでいます。

 

財布買い換え#ヌバックレザー #ココマイスター

Takumi Iさん(@takumi_325)が投稿した写真 –

こちらは当サイトでもおすすめで紹介しているココマイスターのヌバック革(同社では「ナポレオンカーフ」と呼称しています。)で作られた財布です。

ココマイスターで扱っている皮革は、正確にはオイルドヌバックと呼ばれる革で、イタリア産のものを使用しています。大変希少価値の高い皮革です。

アンティーク感あふれる色へと変化

経年変化(エイジング)が素晴らしく、半年も経つと色が変化しはじめ、2~3年経過した頃には、濃い黒色がかった、アンティーク感あふれる色へと変化していきます。

こちらはアディダス STAN SMITH の、ベルクロスニーカーですね。デザインは定番ですが、オールヌバックの靴です。

言うようにヌバックの特徴としてはとても柔らかい触り心地と、ほっこり感だと思います。

そして温かみがありますね。私はあまりヌバックレザーのものを持っていないのですが、こういったジャケットなんて1着あるといいな、と思います。

スエード(スウェード)とは?その特徴について

スウェード(スウェード)は、仔牛山羊(ヤギ)、羊などの身体の小さい家畜の皮革の肉面をやすりやサンドペーパーでバフがけして細かく起毛加工したものを言います。

肉面というのは銀面の反対側で、すなわち皮の内側の筋肉と面している部分になります。

英語では「suede」と書き、スウェーデンが発祥の加工技術なのがその由来になっています。スエードでも毛足の長いものはベロアと呼ばれます。日本でも大変人気の皮革素材です。

元々スエード(スウェード)は、子羊の皮を使用して作られていましたが、現在は子牛の皮で作るのが一般的になっています。毛足が短くて柔らかいスエードほど、良質・高級品になります。

これぞスエード、って感じの靴ですね。素敵です。クラークスのデザートブーツは有名ですね。

スウェードは皮の内側を起毛させていて、独特の光沢感があって温かみがあるアイテムになります。素材自体丈夫なので、上に紹介したように靴に使用される事が多いです。

これはベロアになります。光沢感と柔らかさがとても良い雰囲気です。

バックスキンとは?その特徴について

バックスキンは英語で「buckskin」となりますが、これは鹿革の事を言います。因みに日本ではbackskin…背後の革と間違った認識で定着してしまいましたが、これは間違いです。

バックスキンをスウェードやベロアの総称とされることがありますが、正確には違います。本来のバックスキン革の表裏や起毛加工のあるなしに関係なく鹿の革のことを指します。

バックスキンは丈夫で柔らかい質感になっていて、上品な風合いがあります。主に靴やバッグや手袋やジャケットなどに取り入れられています。

最近ではスマホケースといった小物などに見られますね。ヌバック、スエード、バックスキンは似た素材感でもあるので、見分けるのは難しい場合も多々あります。

4 件のコメントがあります。

  1. 吉村弘 より:

    ヌバックのショルダーバッグメンズの商品を探してます。
    サイズは横3センチ位縦25センンチ位の製品ありましたら送信お願いします。

    1. 財布 良男 より:

      吉村弘様

      コメント頂きましてありがとうございます。返信遅くなりまして誠に申し訳ございません。

      私も探してみたのですが、横3cmのものが中々ありませんね。お役に立てずに申し訳ないです…。

  2. ひろや より:

    非常に勉強になりました
    ありがとうございます!

    1. 財布 良男 より:

      ひろやさま

      コメントありがとうございます。
      どういたしまして!またお役に立つ情報を更新できればと思います。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>