ボッテガ・ヴェネタの魅力

主張しすぎないデザインで息の長い人気を誇るブランド、イタリアのボッテガ・ヴェネタ。

Bottega Veneta(ヴェーネトの工房)という名の通り、古くから伝わる職人の熟練した技術を継承しつづけている、地に足のついたブランドです。

ボッテガ長財布

今回はこのボッテガ・ヴェネタの魅力に迫りたいと思います!

ボッテガ・ヴェネタのブランドヒストリー

ボッテガ・ヴェネタは1966年、イタリアのヴェーネト州の街、ヴィチェンツァに誕生しました。

ミケーレ・タッデイとレンツォ・ゼンジアーロの2人によって創業されたブランドはのちにゼンジアーロの前妻ラウラとその再婚相手ヴィットーリオ・モルテドが共同経営者に加わります。

その後、2001年にグッチグループの傘下に入り、現在ではフランスのPPR社のグループ会社となっています。

ブランドに転機が訪れたのは2001年、ドイツのデザイナー、トーマス・マイヤーがディレクターに就任したときのこと。ソニア・リキエルやエルメスでデザインを手掛けていた彼はブランド拡大に意欲を燃やし、売り上げをなんと800%も増やしたと言われています。

この頃から日本でもボッテガ・ヴェネタが雑誌などで取り上げられるようになったのです。

職人とデザイナーのコラボレーションで生まれるライン

ボッテガ・ヴェネタといえば、細くカットした皮革を交互に編み合わせたデザイン、イントレッチャートがあまりにも有名です。

イントレバッグ実際に触れてみると分かるのですが、とても柔らかく上質なラム革作られています。

このようなデザインは硬い革だと銀面割れ(革の表面に亀裂が入ること)を起こしてしまうので素材も慎重に選んでいるのでしょう。

ボッテガ・ヴェネタでは常にデザイナーと職人がコラボレーションすることで機能性とデザイン性の高さを両立しています。

ボッテガ白細くカットされた革の幅にあわせて規則正しく入れられた切込みに革を通していくことで生まれるこのデザインはすべて職人の手作業によって生まれるもの。キズや汚れが目立たず、長く使えることもイントレッチャートの魅力ですよね。

また、革職人の減少に危機感を抱いたボッテガ・ヴェネタでは2006年に皮革製品制作を学ぶ学校を設立しているのだそうです。

無口なデザインが世界中で人気

シンプルで主張しすぎないデザインは世界中で人気を集めています。

ボッテガ・ヴェネタの財布やバッグにはブランドのロゴが入っていません。それもそのはず、ブランドのモットーは「When your own initials are enough」(自分のイニシアルだけで十分)というもの。

ボッテガ二つ折り持つ人のイニシアルが入っていれば十分で、ブランドのロゴなど必要ないという考えのもと、上質なモノづくりに徹底しているボッテガ・ヴェネタ。

なお、ボッテガ・ヴェネタでは財布やバッグなどにイニシアルを入れてくれるサービスも行っているようです。

とはいえ、財布でもバッグでもイントレッチャートのデザインはあまりに有名で一目見ただけで『あ、ボッテガ・ヴェネタだ』と分かりますよね。

ボッテガ・ヴェネタはイタリアが誇る、本物の大人の上質さを知りたい方にぴったりのブランドと言えるでしょう。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>