ビジネス用とプライベート用など、用途別に財布を分けるのが理想

みなさんはビジネス用とプライベート用、財布を使い分けていますか?

毎日、中身を入れ替えるのが面倒だビジネスマンと財布し、そこまでお金はかけられない…。そんな風に考えている方が多いかもしれません。

しかし、本当におしゃれな人は服も小物もTPOによって、使い分けているもの。

中身の入れ替えも週末に一度すればいいわけですから、30歳を過ぎたら、ビジネス用とプライベート用、2つの財布を用意してみてはいかがでしょうか。

では、それぞれにどんなアイテムをチョイスすればよいのか、考えてみましょう。

ビジネス用に向いている財布

  • 長財布のかぶせ蓋タイプ
  • 薄いつくりの二つ折りタイプ

プライベート用に向いている財布

  • ラウンドファスナータイプの長財布
  • 二つ折り、三つ折り財布

では、詳しい特徴を見ていきましょう。まずはビジネス用の財布です。

長財布のかぶせ蓋タイプ

このタイプは見た目のエレガントさだけではなく、スリムさが大きな特徴になっています。スーツのポケットに収納してもシルエットが崩れないつくりのものはビジネススタイルにぴったりと言えるでしょう。

ビジネス用財布

薄いつくりの二つ折りタイプ

二つ折りタイプでも軽い素材や薄く漉かれた革で作られたものなら、ビジネス用としての使用にも十分耐えることができます。

コードヴァンやブライドルレザーなど、上質の素材を選べば二つ折り財布でもカジュアルな印象を抑えることができます。ビジネス用であっても、財布はコンパクトな二つ折りがいい!という方は素材にこだわってみてはどうでしょうか。

次に、プライベート用の財布です。

ラウンドファスナータイプの長財布

ラウンドファスナータイプはいままでは女性用の財布といったイメージがありましたが、最近はメンズ物でもこのタイプが増えてきています。

ファスナーがついていて、マチラウンドファスナー財布がある分、大容量ではありますが、全体的に厚みがでるため、若干かさばります。

同じ長財布でもカジュアルな印象があるため、プライベート用にはぴったりと言えるでしょう。

ラウンドファスナータイプは小銭や領収書などをサッと詰めてファスナーで閉めておくことでしっかり収納できるので安心度が高く、失くし物が多い方にもオススメです。

二つ折り、三つ折り財布

プライベートでの外出は手ぶらでするという方も多いと思います。そんな時にぴったりなのが、二つ折り、三つ折りといったコンパクトなタイプの革財布です。

革の素材そのものを楽しめるヌメ革やブラウンやブランデーなどのナチュラルなカラーのレザーを選べば、いろいろなタイプのカジュアルスタイルに合わせることができます。

またイントレチャートとも呼ばれる、編み込みタイプなど遊び心を感じさせるデザインのものもオススメです。ココマイスターのマットーネ、オーバーザウォレットがこれにあたります。

休日のデートの時、平日とは違う、カオーバーザウォレットジュアルな財布をさっと取り出したら、彼女からの評価もぐんとUPするのではないでしょうか。

そして、こんな風に2つの財布を使い分けることで、ひとつひとつの財布をより長持ちさせることができるはずです。

初期投資として2つ用意しておけば、結果的にはお得になるかもしれませんよ!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>