夏らしい財布を選ぶなら・藤巻百貨店のチョイス!

皆さん、バーゲンで何か買いましたか?マローネは先日、某ショップで新しい革のバッグを購入しました。

実は以前から斜め掛けできるバッグを探していて…。

痩せているせいか、斜め掛けバッグはぐるぐる回ってしまうので今まで持ったことがなかったのですが、冬にニット帽をかぶってコートの上からバッグを斜め掛けしたい…!と思っていたんです。

気が長い話ですね、まったく。

といっても季節は夏真っ盛り。ショーウインドーに並んでいるバッグや財布は白やイエロー、ブルーといった軽快なカラーが中心でした。

店員さんにも『今は暑いから…。体にかけて使うのはどうかと思うけど、冬はいいわよね~』と言われたりして。

ホントそうです。この時期、黒い革のバッグを斜め掛けなんてしてたら、そこに日光が集まって暑くてしょーがない!ということになりかねません。

革財布も同様です。この時期、黒やブラウンの財布を使うより、もう少し、明るいカラーや素材として重くないものを選びたいもの。

そんなわけで、夏にぴったりのメンズ長財布を藤巻百貨店からチョイスしてみました!

GNUOYPのキルティングカモフラージュ

GNUOYPカモフラ

藤巻百貨店のサイトを見ていて目に飛び込んできたのがこちら。GNUOYPのキルティングカモフラージュ長財布です。

一見、布かな?と思ってしまいますが、こちらは表面を削いだ革にカモフラ柄を転写プリントしているのだそう。

GNUOYP (ニュピ)は、“エレガント”“カジュアル”“ラグジュアリー”という3つのキーワードに基づいてデザインしたオリジナルアイテムを提案しているバッグブランド。

「日常に取り入れてもノイジーになりすぎないエレガントな佇まい」というブランドコンセプトのもと、今回新たに展開するのは「キルティングカモフラージュ」シリーズ。

まさにこのカモフラ柄やブランドコンセプトにぴったり。カモフラ柄というのは、柄物でありながら素材によってエレガントにも感じる不思議な柄。

また流行に左右されないというか、いつ持っていても古臭いイメージがないのが特徴でもあります。

男性用の水着の柄でもカモフラ柄ってよくありますよね。夏向けの柄なのかもしれません。

15072008

そして何よりコーデしやすい。画像のようにジャケットに合わせてもOKです。下手するとハードな印象を与えがちなカモフラ柄もキルティング加工することで、柔らかに表情に落ち着いていますよね。

キルティングカモフラ内装

内装はパッと目を引くロイヤルブルーのシュリンク革。柔らかい素材なのでカードの出し入れもしやすそう。

内装がブラウンだったり、ブラックだったりするとカモフラ柄だけに軍関係者か狩人用の財布みたいになってしまいそうな気がします。

ですが、こんなエレガントなカラーを選ぶことでカジュアルでありながら、エレガント、そしてラグジュアリー…というブランドコンセプトに合った長財布に仕上がっています。

外装の軽快なキルティング加工とともに、この鮮やかなブルーがさわやかな印象を与えてくれる珍しい長財布。

夏の革財布としてぴったりと言えるのではないでしょうか。

3万円以内で買えるお値打ち価格

このGNUOYPのキルティングカモフラージュ長財布は税込価格¥28,080。

職人の手によってひとつひとつ丁寧に作られている革の長財布であるながら、この価格はお値打ちと言えるでしょう。

内装も外装も革でできた長財布よりも、カジュアルな印象を与えてくれるにもかかわらず、しっかりとした素材でできているので長く使うこともできるはずです。

オーソドックスな財布に飽きた…。2つ目の財布が欲しい…という方にもオススメ。

おしゃれなカモフラ柄にチャレンジしたい!と思っても、男性の場合、カモフラ柄の服は一歩間違えるとアーミーファッションになってしまうため、こんな小物から取り入れていくのがよさそうです。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>