財布をネット通販で購入する時に気をつけるべき3つのポイント

皆さんは今、愛用されている財布をどちらで購入されましたか?

このサイトでご紹介している財布のほとんどが、2万円台~のもの。財布の価格としては決して安くはない金額です。

しかも。通販で購入することになるので『大丈夫かな?』と思う方もいらっしゃると思います。

そこで、今回は財布をネット通販で購入する時に気をつけるべき3つのポイントと題して、財布を購入するときのチェックポイントについてまとめてみたいと思います。

内装・外装にどんな皮革が使われているか

このサイトで紹介している長財布はほとんどが外装・内装ともに天然皮革を使用しています。

外側は摩耗しないよう丈夫な素材を、内側はカードや小銭が出し入れしやすいように柔らかめの素材を選んでいるものもよくあります。

しかしこの場合、価格は若干抑え目になることが多いようです。たいていは外装の皮革のほうが高価ですからね。

外装と内装の違い

例えば、ブライドルレザーとヌメ革の組み合わせなどが典型的な例です。

これは好みの問題でもあると思います。外装も内装も贅沢にブライドルレザー!といえば、聞こえはいいのですよね。

しかし実際には、最初のうちは固くて小銭やカードの出し入れがしづらいと思っていいでしょう。

あとは、まれに外装だけ天然皮革を使用して、内装には合皮を使用してグンと価格を抑えているものもあります。

これは好みの問題でもありますね。内装は汚れますし、柔軟性があるほうが使いやすいので、合皮や布を使っているもののほうが使いやすいと感じる方もいるかもしれません。

見た目より、なんだか安いなと思ったら、内装にどんな素材を使っているか、忘れずにチェックしてみてください。

今、使っている財布とのスペックの違い

ひょっとしたら、これが一番大切なチェックポイントかもしれません。

これまで使い慣れている財布のスペックが当たり前だと思っていると、新しい財布には意外とその機能がついていなかった…なんてこともあるのです。

些細なことですが、マチがついているかついていないかも、使い心地はかなり違ってきます。

小銭入れなら片側にマチがついているだけでも、開くときにぱっと開いて、取り出しがラクですし、札入れに関しても同様。

財布のスペック

あとは財布の外側にポケットがついているものに慣れている方は、外側にポケットがない財布を使うと、

『あ!しまうところがない!』と意外に不便に感じることもあると思います。

自分が使い慣れている財布を改めて見直してみて、どこまでスペックが同じか確かめてみましょう。

そして、意外な盲点となりやすいのが、全体的な大きさ。小さいということは、コンパクトですが、カードなどの出し入れが若干しにくくなる場合もあります。

メーカーがメンテナンスを受け付けているかどうか

財布を長く使いたいなら、メーカーがメンテナンスを受け付けているかどうかもチェックしてみましょう。

yuhaku磨き直しサービス

例えば、YUHAKUは修理はもちろんのこと、磨き直しのサービスも受け付けています。

上の画像は磨き直しのBefore・After。左の画像の年季が入っているのにツヤがある様子は何とも言えない美しさを醸し出していますよね。

ココマイスターはココクラブに入会すると、ほつれや破れなども直してももらうことができます。(有償の場合もあり)

コバのへこみなども、もちろん直してもらえるので、安心です。

自社でデザイン、企画、縫製(製造)まで行っているメーカーなら万が一の時にも直してもらえるので、安心して使うことができますよね。

よくある、街中に合鍵を作ってくれるようなところでも直してはもらえますが、塗料や縫製に使用する糸、パーツはまったく同じものというわけにはいきません。

ある程度、高価な財布を購入するなら、メンテナンスを受け付けているメーカーかどうか?も大切なチェックポイントになるといっていいでしょう。

高い財布を売ったら売りっぱなし!というのでは困りますから。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マローネも以前、通販で財布を購入したところ、同じモデルがマイナーチェンジしたものを購入したのに、内装が全面的に合皮になっていてびっくりしたことがありました。

皆さんも『同じような財布だし、問題ないだろ』などと安心せず、ポチっと購入する前によーく内容をチェックしてくださいね!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>