あえて小銭入れを持ちたくなる、YUHAKUのコインケース

皆さんはコインケース、使っていますか?

イタリアでも日本でも、やはり日常使いの財布は二つ折りを選ぶ人が多いのかな?と思う今日この頃。

現金を持つ人が少なくなっていると言われている今、ちょっとした外出ならこれひとつでOK!というオールラウンドタイプの小銭入れにも注目が集まっているようです。

今日はあえて『小銭入れを持つ』という選択をしたくなりそうな、YUHAKUのベラトゥーラシリーズ・コインケースをご紹介しましょう!

 カードや電子マネーも入るコインパース

はっとするほどの美しさ・すべてを収納できるYUHAKUのコインパース

このコインパース、大きさは通常の小銭入れくらいの大きさでありながら、内側には3か所のポケットがついています。

両サイドの2か所はカード類、真ん中のマチがついたポケットには小銭や折りたたんだ紙幣を入れておけば、必要なものはすべて収納できるというワケ。

すっきりカードと小銭を分けて収納!YUHAKUのオールラウンドタイプのコインパース

ちなみに男性の皆さんは財布にお金以外のどんなものを入れているのでしょうか?Niftyが行った財布についてのアンケートによると、男性の半数近くが免許証を財布に入れていることが分かります。

さらに交通系のカードも多いですね。型崩れしにくく、ハリのあるこのコインパースなら免許証を収納しても安心できるのではないでしょうか。

電子マネーも入れやすく、取り出しやすい

SuicaやPasmoもラクラク収納!YUHAKUの万能コインパース

このコインパース、裏側にはSuicaやPasmoを入れられるスペースが用意されています。

このポケット、取り出しやすさを考慮して下から指が入れられるようになっているんです。

コンビニにお昼を買いにくときなど、財布を持って出たら、定期(電子マネー)を持ってくるのを忘れたことに気がついた…なんてことありませんか?

スマートに電子マネーが出し入れできる便利なYUHAKUのコインケース

これならコンビニのレジなどで『定期入れどこにしまったっけ?』などと慌てることもありません。

そう、このコインパース、実はパスケースとしても使えるんです。

小銭入れってあれば便利だけど、わざわざ買うのもな…と思っていたかたも、『小銭入れ』と『パスケース』を併用できるならいいかな?と思いませんか?

独自の色合いが美しい小さなアート

持ち運べる小さな芸術品・YUHAKUの小銭入れ

4~8色もの水性染料をていねいに手作業で重ねて染め上げていく、ベラトゥーラシリーズ。

絵画の技法をアレンジしたスタイルで半透明に塗り上げる作業を繰り返し、グレーシング加工をすることで、ツヤを引き出しています。

このことで、他のブランドにはない、ドキッとするような色気のあるカラーに仕上がるんですね。でもベラトゥーラ技法の良さは見た目の美しさだけにはとどまりません。

顔料で仕上げた染色方法と違って、革の奥深くまで水性染料が染み込んでいるのが特徴。それだけに色あせやひび割れなどが少なく、色移りもしにくいのだそう。

トーンの異なる何種類もの染料を重ねていくYUHAKUのベラトゥーラ技法

小銭入れはポケットに入れて持ち歩くという人がほとんどだけに摩耗が激しいアイテムでもあります。

だからこそ、見た目のくたびれ具合が少ないのは嬉しいですよね。

小銭入れのように開け閉めを頻繁にするアイテムにはぴったりの染色方法と言えるのではないでしょうか。

価格も2016年2月現在、税込み20,520円と比較的お手頃。新社会人の皆さんへのプレゼントとしてもいいかもしれませんね!

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>