手にとった瞬間から楽しめるYUHAKUのヴィンテージスタイル

花の都・フィレンツェを擁するトスカーナ州にはタンナーや革製品を扱う店がたくさんあります。

赤や青、緑などのカラフルなカラーに染められた革の小物類やヴィンテージのアイテムを扱う店もよく見かけるのですが、私がイタリアに行くようになった初めのころは、こうしたアイテムを日本で目にすることはなかったので、とても新鮮でした。

今、思うとYUHAKUのスタイルに近かったかもしれません。それもそのはず、YUHAKUのデザイナーである仲垣友博さんはイタリアの靴職人の元で修業を積まれたことがあるんですよね。

この『カラフルな革』と『ヴィンテージスタイル』を融合させたイタリアっぽいアイテムをYUHAKUのショップで見つけました。今日はそのYUHAKUのウォッシュ加工シリーズを紹介したいと思います。

手にした瞬間から始まる、ヴィンテージ

清潔な大人のヴィンテージ・YUHAKUのウォッシュ加工純札

約8割近い男性が持っているという二つ折り財布。手に収まる小さなヴィンテージスタイルを実現したのが、YUHAKUのウォッシュ加工シリーズです。

上質なイタリアンショルダーを使ってていねいに作り上げた二つ折財布を注文を受けてからウォッシュ加工するというとても贅沢な逸品です。

小銭れの部分にもまるで長年使い込んだかのような風合いを持たせています。革がくたっとしていて、使いやすそう。

ヴィンテージ感あふれるYUHAKUの二つ折り財布ウォッシュ加工シリーズ

いかにも新しい革製品が苦手!という方や、質のいい革財布が欲しいけど、休日のカジュアルスタイルと合わせると浮くようなカッチリしすぎたものは苦手…という方にイチオシです。

もちろん財布そのものの設計や構造、収納性は他のYUHAKUと同様、丈夫で使いやすいつくりになっているので、長期間使えることは言うまでもありません!

こなれた感としっかりしたコバ

こなれたヴィンテージ感と新品の違い・YUHAKUのウォッシュ加工シリーズ

よくヌメ革をエイジングさせるためにいきなり日光に当てたりするという話を聞きますが、もちろんそんな思い切った手段は使いません。

職人さんが財布の形状を壊さず、無用な傷をつけないようにしながら、手もみして表情のあるシワをつけていくのだそう。

革の重なりが多い三つ折り財布でも堅牢なコバが楽しめるYUHAKU

上の画像は革の重なりが多い三つ折りタイプのコンパクトな財布。

それでもコバはしっかりとした状態に保たれていることが分かります。きちんと計算されているんですね!

以前、うちの甥っ子が私の父にもらった革財布を大事に使っていたことを思い出しました。かなりこなれてというか、使い込んだものだったのですが、喜んで、その後何年も使っていましたっけ。

イタリア人の男友達も植物タンニンなめしをした革の色が変わって徐々にツヤを増していく様子に『これがいいんだよなー』といっていた人もいました。

YUHAKUだからできる新しいヴィンテージ・ウォッシュ加工シリーズ

これって男性特有の好みなんですかね?女性はやっぱり新品っぽい表情がいつまでも続くことを望むもんです。ですから、このウォッシュ加工シリーズは女性のプレゼントには向かないかも(笑)。

また本物のヴィンテージは汚れやシミ、匂いなどがついていますが、このウォッシュ加工シリーズならそんな心配もありません。

そして価格も17,280円~27,000円と比較的手ごろなゾーンで揃っているのもポイント。

ちなみに、こちらは公式OnlineShop限定モデルとなっています。注文を受けてから加工するので、プレゼント用に選ぶときには渡すタイミングに間に合うように注文するようにしてくださいね。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>