FARO – ファーロ 長財布 SPERIO FIN-CALF 【キャメル】

  • 詳細
  • 色の種類
  • 特徴
  • サイズ(cm) … 外寸 : 縦 9 × 横 18.5 × 厚さ 1
    重さ … 約 90 g
    機能 … カードポケット × 6 / 札入れ × 2 / ファスナー付き小銭入れ × 1
    素材 … 牛革
    生産国 … 日本
    価格 … ¥31,500
  • ネイビー / ブキャメル / ブラック / ダークブラウン

  • キャメルの財布と言えば、ビジネスシーンよりも、どちらかというとカジュアルスタイルに合わせやすいものが多くなっていますが、このFAROの長財布SPERIO FIN-CALFのキャメルはビジネスやフォーマルのシーンにもピッタリなエレガンスを持ち合わせています。

    その秘密は最高級のカーフに施された、日本製の革製品が誇る技術にあります。

    この技術こそが、カジュアルになりがちなキャメルの財布をランクアップさせて、洗練された長財布に仕立てているのです。

この財布を手にしてまず、驚くのはその軽さだと思います。

本革の長財布にして90gという軽さで、スーツのポケットに入れてもシルエットに影響することがありません。

その秘密はベタ張りという革のトリミング技術にあります。

これは薄く漉いた2枚のカーフをぴったりと張り合わせる、ベタ張りという方法で、デリケートな美しさを失わずに強度をあげることのできる、高い技術が要求される手法です。

こうして仕立てられた革には裏が存在せず、見た目が非常に美しいことからマニアの間では人気がありますが、ベテランの職人にしかできない技なので、商品としてはあまり多くはないようです。

薄マチなので、もともとかさばらないタイプの財布ではありますが、手に取ったとき、その薄さに驚かれるのではないでしょうか。

この素材なら、お札を20枚程度入れてもスリムなフォルムが崩れることはないでしょう!

さらに傷や汚れなどを目立たなくしてくれる、表面のシボ加工(シワをつける作業)は手で揉みこむことでつけられているのだそうです。

この手揉みという技術を持つ職人も全国に数十人程度しかいないと言われるほど、熟練した技術が必要とされる手法です。

もちろん縫製も日本で行われているので、しっかりとした作りで長年使うことができることはいうまでもありません。

まさに価格以上の価値がある長財布と言えるのではないでしょうか。

FARO – ファーロ 長財布 SPERIO FIN-CALF 【キャメル】 を購入したアナタの感想を是非お聞かせ頂けませんか?本音で語ってくれれば幸いです!

投稿フォーム(* は必須)

お名前*
メールアドレス*(非公開)
性別
年代
用途
評価
感想*
画像のアップロード※画像ひとつにつき上限 5MB まで。スマホで撮影した画像であれば、そのまま送信可能だと思います。