ブライドル・グランドウォレットの購入直後の感想 ~ 色味・ロウの粉・外観 ~

遂に買っちゃいました!!ブライドル グランドウォレット!!

ココマイスターの財布の中でも断トツの一番人気&売れ筋の革財布です。他のレビューサイトも軒並みおすすめになっていますが、その口コミは本当なのか?ウソなのか?

検証も兼ねてぶっちゃけの本音評価でレビュー!したいと思います。

他のサイトには無い角度からの写真や、実際に使用している人間ならではの視点から、良い部分・悪い部分についてもしっかりとレビューしています。

まずはモノからチェック!!

まずはモノ(本体)です。箱を開けて、布から取り出すと…、

ブライドル グランドウォレット本体 拡大する

『んんーー!いい感じ!雰囲気あるなぁ…流石に3万円もすると。』

というのが第一印象でした。因みに今回はロイヤルブラウンをチョイスしていますが、カラーは4種ありまして、どれも雰囲気のある味わい深い色だと思います。

かなり悩みましたが、私が今所有している同タイプ(ラウンドファスナー)の財布に黒が多かったので、今回はこの色に。正直どの色も買っても失敗は無いと思います。

新品特有の匂いが最高!!

これは個人的な感想になりますが、やっぱり新品の革製品のあの独特の匂いって最高ですよね。早速鼻を付けて『すぅーーっ。』と吸い込み、革の匂いを満喫しました。(笑)

新品独特の革の匂いが最高
拡大する

靴流通センターに入った時は匂いがキツ過ぎて『ちょっと勘弁…。』なんですが、革財布単品からほんのり匂う程度の場合、本当に最高です。

公式サイトの色味と実際の色味の違いは?

色味については、肉眼で見る限り、あまり誤差というものは感じませんでした。

特にロイヤルブラウンは、公式サイトにおいて色々なシーンで撮影されているので、見え方として数パターンほど頭の中にあったので、まあ予想の範疇という感じです。

ブライドル グランドウォレットの公式サイトの色味拡大する

少し光の当て方を変えて手にとって撮影してみました。こうして写真データとしてアップすると、肉眼より印象は変わる感じがします。

手に取った感じ。大きさはこの程度です。 拡大する

最も、この色味というのは、パソコンのモニタのメーカー、色の設定、肉眼の個体差による識別能力の違い、撮影環境…色々な要素で見え方が違ってきます。

ですから、その辺りの小難しい要素は抜きにして、皆さんにロイヤルブラウンの色を分りやすく言うならば、深みのあるダークブラウン、黒よりのこげ茶、という感じだと思います。

表面のロウ漬けの様子

ロウ漬けの様子拡大する

ブライドル グランドウォレットの特徴の、表面のロウ漬けです。これは個体差があるのかもしれませんが、公式サイトにあるロウの粉ほど沢山付いてはいなかったです。因みにこのロウはBloom(ブルーム)と呼ばれます。

ブルーム(ロウ)が溶けて無くなると表情が一気に変わる!!

実は最初、この財布の表面に対して『なんかおもちゃっぽい。』という印象を持ちました。例えるなら、ケミカルウォッシュのジーンズのような、作られた雰囲気とでも言うのでしょうか…。ウソ臭さを正直感じました。

ですが、この財布は購入時の状態で評価しないで欲しい!と思います。 ここから、自分でお札を入れ、カードを入れ、小銭を入れて、少しふっくらさせてみたのですが…。

ロウの粉は直ぐに溶けてなくなる拡大する

もうその頃にはロウが溶けてきてて、革の色身が強くなり、革がしなって馴染んでくる感覚が味わえ、雰囲気がグっと出てきます。

上の画像は、購入して直ぐにお札等を入れて、翌朝、鞄に入れて少し持ち歩いただけのものです。(撮影場所も変えています。)

なるほどここからなんですね、ブライドルレザーの本気は!非常にワクワクします。

拡大写真でディティールをチェック

…とその前に、その他色々写真を撮りましたのでちょっと載せておきます。

ファスナー部の拡大写真拡大する

ファスナー部の拡大写真です。取っ手の革はかなり厚みがあり耐久性は高そうです。

丁寧なコバの処理拡大する

外装に使用されているメインの革、ブライドルレザーのコバ処理(革の切れ端の加工)の様子です。とても丁寧で美しいコバです。

縫製も整然としていて美しい拡大する

少し俯瞰で。この値段だから当たり前と言えば当たり前なのですが、縫製も非常に丁寧で美しいですね。糸の見え方、間隔が均一です。

ファスナー部の拡大拡大する

ファスナーのカーブです。ここまで拡大してもコバの処理の丁寧さが目立ちます。

ファスナーが縫われているブラウンの布(テープと言います。)なんですが、これ、結構ヨレたりしますが、ブライドルレザーの硬さにも助けられ、ピンと張って型崩れしていません。

同じココマイスターのマットーネ革のラウンドファスナーなんかだと、革が柔らかいせいか、ちょっとテープがヨレたりしてますね。

お尻側?から全体像を拡大する

画像が歪まないように、広角レンズに切り替えての一枚。撮影日も変えています。ファスナーの無い辺を見せるように全体像を。色味がちょっと変わってしまいましたが、同じ物です。

正面横から拡大する

ホワイトバランスの影響か、撮影時の天気の影響か、ちょっと青み寄りですね。青みが強いとより堅牢な雰囲気が出ますね。

ブライドル グランドウォレットは老若男女におすすめです拡大する

最後に一番良いと思う角度の写真を。ブライドル グランドウォレットは本当にカッコ良くてオシャレなビジュアルだと思います。

こういうオーソドックスなラウンドファスナーでは、ファスナーの取っ手のデザインにオリジナリティを持たせようと、メーカーによっては懲りすぎて、逆に雰囲気を壊している財布も見受けられますが、ココマイスターのものは本当に王道な感じで貫禄すらあります。

老若男女、全ての年代の方に合うデザインだと思います。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>