男性へプレゼントする長財布に迷ったら。ブライドル・グランドウォレット

今日は良質長財布メンズ館、久々のレビュー記事の掲載です!お待たせいたしました。実際に使った人のコメントを聞かなければ高い財布は買えん!という皆さんは是非、ご一読くださいませ。

今回は特別にマローネのやらかしちゃった失敗も紹介していますので、参考になりますよー!!(恥)

今日のレビューはココマイスターの中でも1,2位を争う人気と噂のブライドル・グランドウォレットです。かなり詳しくレビューしていますので、ご購入を検討している方は必見かと!

人気のブライドル・グランドウォレット

メンズ長財布のベスト!ココマイスターのブライドル・グランドウォレット

ココマイスターの中でも売り切れ状態が長く、人気の高いブライドル・グランドウォレットです。上の画像は新品の状態です。

白っぽいブルームが浮かんでいて、いかにもブライドルレザー!という雰囲気を醸し出していますね。といってももちろん、手に粉が着いたりする感覚はありませんでしたよ。

こちらは使用しはじめて数週間の時の様子。すでにブルームが消えて革本来の表情がうかがえるようになってきています。

どんな空間にもマッチする!ココマイスターのブライドルレザー・スイスレッド

ブライドルレザーを選ぶときに『白っぽいブルームが目立ちすぎるのではないか心配。』という声をよく聞きますが、使い始めて数か月経てばほとんどブルームは消えるので、安心してくださいね。

迷いに迷って選んだ新登場のカラー、スイスレッドでしたが、シックで落ち着いた色合いはどんなシチュエーションにも馴染んでくれました。

見た目の美しさはもちろんのことですが、触ってみて革にハリがあるのがブライドルレザーの特長。

マットーネレザーのような吸い付くような柔らかさはないものの、長期間の使用に耐えうる丈夫な耐久性を感じることができます。

時代はラウンドファスナー?

人気のラウンドファスナー!YUHAKUとココマイスター

ココマイスターのブライドルレザーは以前にレビューしたブライドル・インペリアルウォレットでかなり気に入っていたので、今回も楽しみにしていました。

ただ、その前に紹介したマットーネ・オーバーザウォレットがラウンドファスナータイプだったので、使い勝手はラウンドファスナーの方がいいかな?と思うことが、何度かあったのも事実。

クリスマス前後からチラホラとプレゼント用の財布に関する相談を受けたり、コメントをいただいていく中で感じたのが、やっぱり今人気なのはラウンドファスナータイプの長財布なんだなということ。

ちなみに上の画像は先日、財布良男さんと久しぶりにお会いして財布談義に花を咲かせたときに撮った一枚です。

例の『これホントいいんだよ!』しか言わなかった(笑)YUHAKUのラウンドファスナーも見せてもらいましたよ。今回は革フェチ2人が使用している財布を並べて撮ってみました。

ちょっと脱線しますが、このYUHAKUもホントにすばらしくて、財布良男さんが『この財布マジに気に入っててさぁ!』と熱弁する横で、カシャカシャ写真を撮ったり、財布の中身(ポニー革がやっぱりよかった)をジロジロ見たり、撫でたりして過ごしました。

今、日本に一時帰国しているマローネ。財布良男さんをはじめ、街中で支払いをしている男性を見ると、やはりラウンドファスナータイプか二つ折りの財布を持っている人が多いように思いました。

やっぱりお札やレシートをパパッと入れて、小銭入れのファスナーを締める時間がないほど慌てていても、ファスナーでぐるっと包み込んでしまえばOK!というのは心強いですよね。

女性が手にしても違和感なし

男性でも女性でもOK!ココマイスターの人気ラウンドファスナー長財布はコレ!

ブライドルレザーはかっちりした印象があるので、ブラックやモスグリーンなどの定番カラーはどちらかというと男性向けといったイメージ。

しかし、スイスレッドを選んだことももあってか、女性の私が持っていてもぜんぜん違和感がありません。

赤い財布は金運を下げるという声もありますが、私はむしろこの財布を使い始めてからムダ使いが減りました。赤い財布だからといって金運を落とすまじ!と思ったことがよかったのかもしれません。

実際に使ってみて感じたこと

ココが違う!マチのついた小銭入れが使いやすいブライドル・グランドウォレット

ブライドル・グランドウォレットは素材として、私が一番好きなブライドルレザーと財布の形として理想形のラウンドファスナータイプという2つの点を併せ持つタイプなので、かなり期待はしていました。

このグランドウォレット、何が一番いいか結論から言うと、やっぱりかなり使いやすい!ということでしょう。

まず注目したいのが小銭入れです。上の画像をよく見ていただきたいのですが、小銭入れの左側、マチがついていますよね。ちなみに下はマットーネ・オーバーザウォレットの小銭入れ部分の画像。

マットーネ・オーバー・ザ・ウォレットのすっきりした内装

すっきりした印象ですが、小銭入れにマチがありません。レジで『1円玉ないかな~?』なんて探すときに、そういえばちょっと不便だったかも…?画像を見ても小銭入れがほとんど開いていないことがお分かりいただけますよね。

公式サイトで『小銭入れ部分がマチつきになりました。』と書かれているのを見て、へー、そうなんだーと思っていたのですが、使ってみてその違いを実感しましたね。

内装のヌメ革はハリがある素材なので、マットーネ・オーバーザウォレットを使って最初のうちは、小銭入れを開くのも硬さを感じましたが、このブライドル・グランドウォレットはマチがついていた分、新品のころから小銭入れの開け閉めがスムーズでした。

ツヤのあるコバが楽しめるブライドル・グランドウォレット

その他、札入れ部分が2か所、カードポケットが8か所、フリーポケットが2か所というのは、マットーネ・オーバーザウォレットと同じ。

カードスペースが若干少ないかな?と思いますが、銀行のカードが2枚、クレジットカードが2枚、免許証と身分証明証と必要な物だけを選んで持ち歩くことに。

それ以外のポイントカード類はフリーポケットに入れることで、内部をすっきり保つことができるようになっただけではなく、何がどこにあるかすぐに見つけられるようになりました。

  • カードポケットには本当に必要なカード
  • フリーポケットにはその他のポイントカード類や診察券

という風に分別したからでしょう。そのせいで、レジでもまごつくことが減りました。あまりカードポケットが多すぎると余計なものを持ち歩いてしまうのでよかったかもしれません。

控えめだけど、存在感あり!ココマイスターのロゴ刻印

内側には、こんな風に控えめなココマイスターのシンボルが刻印されています。

本当に必要なものはすべてすっきりと収納できて、使いやすい。ラウンドファスナータイプの長財布はやっぱりいいな~と改めて感じました。

コバとファスナー部分のデティール

ブライドルレザーのコバ、ファスナートップ部分・丈夫でハリのある素材

ブライドルレザーは厚みがあってハリがあるのが特徴。この画像でも分かるようにコバもしっかりと塗装されています。特にファスナーの引き手部分が頑丈に作られていることがお分かりいただけるのではないでしょうか。

ブライドルレザーとマットーネ、コバとファスナー部分の違い

マットーネのファスナーの引き手は使っているうちに、くたっとしてきて、それもいいなと思っていたのですが、こちらは使い始めて3ヵ月近くたつ今もバリッとしたままです。

マットーネの方はコバではなく革を内側に折りたたんで、縫い合わせているのでコバよりも丈夫と言えるのかもしれません。ただ、すり切れてしまったらコバのように塗りなおしたりすることができないんですけどね…。

これはどちらがいいというのは好みによると思います。ブライドルは本当に丈夫な感じがして、ガンガン使っても平気なところがガサツな女代表のマローネとしては嬉しいポイントでした。

ブライドルは他の皮革より摩耗が少ない皮革です。

マットーネやコードバンは3ヵ月程度でツヤ感が出て革が柔らかくなじんできましたが、コードバンは型崩れもしませんし、ブルームが消えた以外あまり見た目の変化がありません。

パートナーや恋人など、男性に長財布をプレゼントしたい!という方にはイチオシです。これならきっと永く使ってもらえるはずですよ。

3ヵ月経った時点でのコバの様子

コバが傷んでできた?財布の摩耗しやすいポイントはココだ!

3ヵ月経ってもほとんど摩耗してないなー。と思いながら、今回レビューを書くために細部にわたるまで目をさらにしてチェックしてみたところ、コバの欠けを発見しました。

上の画像、右上の革がカーブを描く直前部分のコバが剥げていることがお分かりいただけるでしょうか。過去のレビューを読み返してみたら、実は財布良男さんも同じ体験をしていました。

ブライドルレザーはマットーネなどに比べると、柔軟性が低い分、曲がる部分に負担がかかってパキッといってしまうのかもしれません。

革が折り曲げられてカーブになっている部分はそれだけ直線部分より負担がかかりやすく、コバも傷みやすいのでしょう。

ただ、財布良男さんが使っていたときは、ファスナーの引き手部分もコバがはがれていたようですが、私のグランドウォレットはまったく大丈夫。おそらく、購入者から問い合わせなどがあって改善したのではないでしょうか?

ちょっと残念といえば残念ですが、私はあまり気にしていません。とにかくパッと見た感じ、まだ全然新品のような印象を受けるんですよね。

型崩れもまったくしていないし、見た目も変わらない。そして使いやすい。今、私の中でこのブライドル・グランドウォレットは一番のお気に入りになりつつあります。

私がやってしまった失敗とは…。

天然皮革、過度のお手入れは禁物!その理由って?

このレビュー記事を書く時に毎回検証しているのが、コロニル・シュプリームクリームを使ってのお手入れ前後の様子です。

今回も『そうだ、レビューを載せるんだしお手入れしてみよー。』と軽い気持ちでクリームを塗しました。

丈夫なブライドルレザー、お手入れのし過ぎは禁物です!

塗った瞬間、革の上でクリームが滑らず、なんだか違和感を覚えてました。あれ?前回レビューしたブライドル・インペリアルウォレットのお手入れをしたときはこんな感じじゃなかったような…。

しっかりとなじませていくうちに、手触りが軽くなり、ああよかったー。と思って革の様子をチェック。別段、使用前のと変わらない様子。

もともとほとんど汚れてもいませんでしたし、あくまでレビューのためにやったことでしたから。まぁ、いいか…と思いつつ、ふと拭いた布に目をやると…。

ココマイスターのブライドルレザーは色落ちする?

ぬっ…布に革の色が移ってる!!!!これは噂の色落ち?いや、色移り?えーい、どっちでもいい!と焦るマローネ。1000%自分のせいです。

ちなみに財布をチェックすると、色が褪せた様子はまったくなかったのでホッとしました。

慌ててココマイスターに問い合わせ

コールセンターの対応も素晴らしいココマイスター

幸い、見た目はまったく変わりませんでしたが、今後のことも考えてちょっとココマイスターに聞いておいた方がいいかもしれない…。

焦った私はココマイスターのオンラインサポートに電話してみました。以下、会話の要約です。

ココマイスター担当者(以下こ)『はい、お電話ありがとございます。ココマイスター○○です。』

マローネ(以下マ):『すみません!そちらのブライドル・グランドウォレットのスイスレッドを購入したんですが…。』

コ:『はい、ありがとうございます!』

マ:『実は今、コロニルのクリームで革の部分を磨いてみたんですが、色落ちしてしまって…。同じブライドルでモスグリーンのインペリアルウォレットをお手入れした時はこんなことなかったんですが、カラーによって色落ちしやすいとか、あるんですか?』

コ:『そうですね。ブライドルレザーは布とこすれたときに色移りするようなことがあるとお問い合わせいただいていますが、どの色が色落ちしやすいということはないと思います。ナポレオンカーフなどは比較的、他のものより色落ちしやすいのですが…。』

マ:『この染色は革を輸入した段階ですでにされているものなんですよね?』

コ:『はい。そうです。ただ、カラーによって染色の方法が違うということがあるので、若干色落ちにも差が出る可能性はございます。』

マ:『そうですか…。あまりお手入れはし過ぎない方がいいですね。ありがとうございました。』

コ:『いえ、とんでもございません。またなにかありましたらいつでもお電話ください。』

大体こんな感じでしたが、とても感じのいい対応をしてくれました。やっぱりきちんとした通販ショップで購入すると安心だな~と実感しつつ…。

モスグリーンのブライドルレザーはまったく色移りなどしませんでしたし、このスイスレッドも服やバッグに色移りしたことはありません。

という事でまとめますと、ブライドルレザーに限りませんが、天然皮革に過度のお手入れは禁物ですね。お手入れするときもケア用品を隅の方でちょこっと試してから、全体に使うようにするといいと思います。

ブライドル・グランドウォレットを実際に使用した口コミ・レビューまとめ

男性へプレゼントする長財布はズバリコレ!ブライドル・グランドウォレット

このブライドル・グランドウォレットを使ってみて感じたことは、

  • ラウンドファスナータイプで使いやすい
  • 小銭入れはマチがついていたほうがいい
  • 厚くハリのある革でできた長財布は男性にピッタリ
  • 使い続けても見た目がヘタれない丈夫さが良い

ということでした。価格も税込みで30,000円とプレゼントにも適した財布なのではないかなと思います。

バレンタインデーのための男性へのプレゼントとして長財布をお探しの方にもぴったりと言えるのではないでしょうか。自分用の財布をお探しの皆さんにもイチオシです。

お気軽にコメントどうぞ!

アドレスは公開されません。管理人の承認後コメントが公開されます。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>